FC2ブログ

鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

ドゥラッハ Durach


2017.7.5 ドイツ ドゥラッハにて
Durach am 05.07.2017.

2017年7月4日(火)
Durach == Wildpoldsried == Durach == Immenstadt == Sontheim == Aitrang == Wildpoldsried == Aitrang == Durach

翌7月4日、まだ半分日本時間の感覚が残っているため5時前には眼が覚めてしまいます。しかしながらぐっすりと爆睡したため体力や昨日までの滅入りがちな気分もすっかり回復。ドイツのホテルでは朝食は8時からが多いのでスケジュールからして朝食は諦めていましたが、うれしいことにここは7時からとのことで朝食をいただくことが可能に。Wildpoldsriedで1本撮影後に宿に戻り朝食会場に行くと給仕をしていたのはホテルの廊下に飾ってあるお写真のモデルさんでした。\(◎o◎)/!ここもビジネス向けですがドイツではこのように家族経営のアットホームな宿が多いのがいいですね。美味しいドイツパンとハムとチーズとバターどれも美味しく素晴らしいブッフェでした。朝食後、宿を出て鉄道撮影で終始する一日となりました。今回は昨年と違ってWifiの接続が非常に悪く、頼みのライブ画像情報が入手できず、最も念願としていたカットだけが曇られてしまい撃沈(TT)! 念願のカットは翌日のお預けに。そして撮影の合間に昨年お世話になったSchönさんの家に立ち寄りましたが、不在で再会は叶わず(TT)、次回の再会を願って撮影に戻ることに。昼食を摂る間もなくたくさん撮って19時頃に宿に帰還。窓を開けた部屋で外から何やら音がするので外を見ると車道の通りを乗馬して去っていく2人組が。まるで中世のような光景に驚きました。夕刻になると時差ボケで眠くなり夕食をフルに摂る元気はなく道中のスーパーマーケットで購入したサラダと地元産のハムとドイツパンを部屋で食べて早々に就寝となりました。それにしても今日は行く先々でオランダ人鉄、ドイツ人鉄、とにかく現地の撮り鉄諸氏とご一緒することが多く昨年の無人がウソのよう。40年以上経過のBR218に対する危機感からでしょうか。それにしてもオランダ人は気さくで話が盛り上がりましたが、他のドイツ人の方々は寡黙な方が多く日本の有名撮影地と同じようなあの独特の雰囲気だったのは意外でした。(笑)

2017年7月5日(水)
Durach == Wildpoldsried == Durach == Immenstadt == Sontheim == Aitrang == (B12)==(A96)== München == (A92)== Marzling

早朝の1本撮影後、朝食をホテルでとりDurachを出発、結局昨日と同じ行程をリフレインしながらミュンヘン空港近くの宿を目指すことに。(^_^;)

IMG_0390.jpg
2017.7.5 ドイツ ドゥラッハにて
Durach am 05.07.2017.

今回の滞在地となったDurachの近くの教会にきれいな壁画が描かれていました。


IMG_0391.jpg
2017.7.5 ドイツ ドゥラッハにてフュッセナー通り
Füssener Strasse in Durach am 05.07.2017.

Durachのメイン通りとなるフュッセナー通り。ノイシュヴァンシュタイン城で有名なFüssen(フュッセン)へとつながっています。昨晩はこの通りで乗馬して散策か買い物している地元の方がいました。左手前から3軒目のHotelの文字が一部現れている建物が今回お世話になったHotel zur Post、名残惜しいですが別れを告げての出発です。

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/15(日) 20:00:15|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2
<<インメンシュタット  Immenstadt | ホーム | 秋桜に見送られて  神戸電鉄>>

コメント

Nachtzugさん、こんばんは(^-^)
青い空に街の空気が澄んでいるのが 画像を通して感じられます。
美しい街なんですネ~
至る所に カメラをむけてしまいそうです。^^
  1. 2017/10/15(日) 20:43:46 |
  2. URL |
  3. けいちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

~けいちゃんさま~
どうもありがとうございます。
今回は単身での渡独でどうなることかと思いましたが、やはりこの美しい街並には十分に癒されました。
毎度そうなのですが街や風景の美しさもさることながら、出会った人々の寛容さやおおらかさに心洗われます。
  1. 2017/10/18(水) 20:14:56 |
  2. URL |
  3. Nachtzug #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


←Bitte Freihalten.(管理者にのみ表示を許可する。)

トラックバック

トラックバック URL
http://nachtzug4001.blog.fc2.com/tb.php/435-592ec177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (94)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (103)
東海道・山陽線 (131)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (77)
木次線 (3)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (8)
未分類 (0)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR