鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

アムステルダム経由ミュンヘンへ 



IMG_0373.jpg
2017.7.2 オランダ アムステルダム・スキポール国際空港
Flughafen Amsterdam Schipol am 02.07.2017.

2017年7月2日(日)
KIX1025=KL868=1500AMS1840=KL1799=2005MUC

10:25頃関空を出発し、11時間以上の空路の一人旅、ほぼ黙秘状態(苦笑)での長時間のフライトは辛いものがありますが、昔同じ程度の時間を青森から京都まで特急白鳥に同じく単身乗車で耐えた経験を思い出して過ごすことに(^_^;)。映画や現在位置情報などを見ることができる小型モニターが各席備え付けで機内食も2回あるので、白鳥よりは楽なような気がします。
長時間のフライトも何本かの映画で乗り切りようやく現地時刻15:00頃アムステルダムへと着陸、人生初のオランダ入りです。
ここでミュンヘン行きに乗継。まずはEU域内の航空機搭乗のための厳格な保安検査、つづいて入国審査へ。 ドイツへ行くのですがEU域内最初の到着地となるここで入国審査となります。オッサン一人なので怪しまれるかと思いきやひととおりのことを英語で聞かれて英語で返答。パスポートを返す際に日本語でアリガトウと挨拶してくれて穏やかな雰囲気でした。パスポートにはNL(オランダ)の印が押されドイツに行った証拠が残らないのはEUシェンゲン協定のなせるトリックですね。
機内や空港内の案内放送で聞くオランダ語、ドイツ語に近いかと思いきやそんな考えは甘く全くわかりません(TT)。
3時間40分の乗り継ぎ時間なので軽く食事をした後にミュンヘン行き搭乗口で長時間待ち、眠気がピークに達します。出発時刻近くになり搭乗客が集まってくると久々に聞くドイツ語の会話、端々が聞き取れるだけなのにになぜかホッとしてしまいます。
機内に入ると満席でしかも大きな荷物で天井近くのラッゲージスペースは満杯!CAに指摘されて預け入れに回される乗客もいたのには苦笑してしまいました。(後でなぜこれだけ無理してまで手荷物で持ち込む客が多いかを痛感させられることになるのですが。)18:40出発、わずか1時間20分の飛行ですがオランダチーズ入りの美味しいサンドイッチが機内食で出て大変美味しかったです。ドイツ行きの便ですが機内放送はオランダ語と英語のみでドイツ語がないのは意外でした。
薄暗い中、20:05ミュンヘン着。海外での乗継はロストバッゲージのリスクがあると聞いていたのですが座席のちょうど真下の荷物室から自分の荷物が2つとも運ばれて出てくるのを見て、よほどのことがない限り大丈夫と一安心。ところが受取場でスーツケースは受け取れたものの、三脚が出てこない。他の客に盗まれたのか、えっ!まさかのロストバッゲージ!よほどのことが起こってしまいました。もしもの時に備えて予備の旧い三脚をスーツケースに忍ばせてあるので今後の鉄道撮影スケジュールに支障はないのですが、そのもしもが起こってしまうと孤独感と疲労と時差による意識朦朧状態もあり、完全に打ちのめされてしまいました(-_-;)。
誰もいなくなった受取場で他便の荷物担当の方が親切にも荷物トラブルの窓口を教えてくれてそこへ行ったものの、なかなか言葉が通じず渡されたのは発見時の返送手続きの書類。納得がいかないので、飛行機の窓からその荷物が送り出されたのを目撃したことを説明し、Diebstahl(泥棒)!と単語だけ発したのが、他の乗客による盗難事件を意味したつもりなのに自分の会社を泥棒扱いされたと思ったのか、ここミュンヘン空港で目撃したということが伝わりようやく重い腰を上げて探しに行ってくれました。しかし待てども戻ってこない、日本時間ではすでに明け方の4時ごろで眠気はピーク、意識朦朧であきらめて明日にでも再び寄ろうかと1時間ほど待った頃に驚くことにあの三脚持参で登場!その場に居合わせた他の2名の乗客の紛失荷物も戻ったようで今までのお通夜のような悲壮な雰囲気が一気に安堵と喜びに変わりました。Wunderbar!Danke!とお礼を言い急ぎ足でレンタカー窓口へ。これがまた遠いところにあってもうクタクタ。
レンタカーをピックアップし、まともな操作方法もわからないまま右側通行の夜道をフラフラになりながら運転。夜道で不慣れさも相俟って何度か進路変更しようとして他車と接触しかけたのは今でも思い出すとゾッとします。(-_-;)予約してあった空港近くの宿へ、何とか無事到着できました。

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/17(日) 08:51:49|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0
<<HOTEL REGENTPARK | ホーム | そして再び>>

コメント

コメントの投稿


←Bitte Freihalten.(管理者にのみ表示を許可する。)

トラックバック

トラックバック URL
http://nachtzug4001.blog.fc2.com/tb.php/428-9422d1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (79)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (100)
東海道・山陽線 (125)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (71)
木次線 (3)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR