鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

ALEXアルゴイ急行の旅 


2016.8.1 ドイツ鉄道971号線 リンダウ中央駅 ALX84089 リンダウ発ミュンヘン(Geltendorf)行き快速列車
ALX84089 von Lindau Hbf nach Geltendorf. D-LOK: 223 062 steht im Lindauer Hbf.
Wir haben uns am 01.08.2016 an die Reise mit n-Wagen als ALEX gefreut.

再びドイツ旅行記に戻ります。
駅で家族と合流、帰りの列車の待つホームへ。旧国鉄系でない私鉄列車の故なのか駅舎から最も離れたホームにその列車はすでに入線していました。
それは18:40発ミュンヘン行き快速列車ALEX、223形DL+客車4両。
日本で北斗星に乗車して以来4年ぶりとなる客車列車、知らず知らずのうちに心が弾んできます。(^_^;)
カマの前で軽く記念撮影して車内へ。オール自由席なので迷うことなくカマ次位の先頭客車に乗車することに。ドアは自動ではなく手動、レバーを回して手すりを持ちながら内開き、これだけでもワクワクしてきます。そして、乗り込んだ車内は期待以上のもの。
というよりあの雰囲気に再びこの異国の地で出会えるとは思いもかけませんでした。
着席後、しばらくして列車は静かにゆっくりと動き出し、客車列車の旅がはじまりました。
発車後しばらくしてボーデン湖の壮大な風景が束の間ですが車窓を演出。
静寂に時折、ギーコギーコと台車が鳴くのはまるで寝台特急日本海の発車そのものが再現されたかのよう、国が違っても同じことに驚きとノスタルジーを同時に感じました。

IMGP0951.jpg
どこか数年前までの日本で見かけた光景に似ています。犬同伴可の表示まであるのもさすがドイツ、編成後部には自転車積載車両もあってツーリング客でも気兼ねなく利用できるようになっています。これらのルールはこの列車に限ったことではなく、ほとんどの列車に適用されています。



IMGP0941.jpg
6人1区画のコンパートメント。シートこそ座席になっているものの基本的な造りは24系に似ています。その昔、ユーロライナーというJTがありましたが、ネーミングの由来を初めて理解しました。(^_^;)
これにはさすがに非鉄な家族も大喜び。これで普通車、ドイツ版青春18きっぷで乗車できるのだから驚きです。



IMGP0944.jpg
先頭客車のデッキ。こんな光景も日本では消滅して二度と会えません。カマの顔をじっくりと眺めることができ、日本と同じく親子連れが時々見物に訪れていました。行先表示幕ならぬ差し込み式行先表示板になっているのもレトロでいいですね。ドアはレバーを回しての手動式。ちなみにこのすぐ左手がトイレとなっています。



IMGP0952.jpg
澄み渡る夕暮れの青空に緑一色の大地が車窓を飾ります。

 ハイケンスのセレナーデこそないもののドイツ語の車内放送があり、客車列車の日常をゆったりと味わうことができました。
目的地のゾントハイムに20:17着。列車を降りて線路を横切ってそのままパークアンドライドの駐車場の車にて宿へ帰還。

乗車列車:ALX84089
牽引機:223 062
1両目:Bomz568021-95239-1(乗車車両)
2両目:ABvmz568039-95527-9
3両目:Bomdz568021-95234-2
4両目:Bomdz568021-95232-6
乗車区間:Lindau18:40発 → Sontheim20:17着

後日今回の旅でどの町がよかったかアンケートをとった結果、Lindauで全員一致。結果的にリンダウ行きは今回の旅のクライマックスとなりました。

これにて10日間の行程の4日目が終了。次回から日本での直近の撮影分を先行させるため、ドイツ旅行記は後日あらためての再開となりますが何卒ご容赦ください。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/18(火) 20:20:14|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2
<<夏の名残 3088レ | ホーム | 秋色の序章 3088レ>>

コメント

Nachtzugさん、こんばんは(^-^)
コンパートメントがいいですネ~
ハリーポッターでも、いいなぁと見ていました。
それが そんなに高くない乗車券で乗れるなんて…うらやましいです。^^
  1. 2016/10/23(日) 21:46:10 |
  2. URL |
  3. けいちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

~けいちゃんさま~
どうもありがとうございます。
のんちゃんも車内でハリーポッター!同じことを言っていました。~笑
自分は映画を見たことがなく全く知りませんでしたが。(^_^;)
日本だったら昔でも寝台券が必要なレベル、現在ではカシオペア1回乗るだけでヨーロッパ行けちゃう値段なんて、もう日本の鉄道の方向性は狂気の沙汰と思います。鉄道だけに限らず、ガソリン単価は日本より2割程度高いもののドイツのアウトバーンは無料、スイスやオーストリアでは無料でなくとも年間1万円程度のシールをフロントガラスに貼って料金を支払うシステム、日本国内で遠出するのが遠慮がちになってしまいました。
  1. 2016/10/24(月) 20:36:40 |
  2. URL |
  3. Nachtzug #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


←Bitte Freihalten.(管理者にのみ表示を許可する。)

トラックバック

トラックバック URL
http://nachtzug4001.blog.fc2.com/tb.php/328-0ffe198c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (48)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (98)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (28)
未分類 (0)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR