鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

牧歌 Grüße aus dem Allgäu


2016.7.30 ドイツ鉄道970号線 ギュンツァハ~ビーセンホーフェン IC2084特急ネーベルホルン
IC2084 Nebelhorn von Oberstdorf nach Augsburg Hbf. D-LOK: 218 495-0 auf KBS970 bei Aitrang (zwischen Günzach und Biessenhofen ) am 30.07.2016.

 ドイツ バイエルン州 アルゴイ地方。

 青い空に白い雲が流れ、緑一面の草原で牛がカウベルを奏でる。

 保養地からの特急列車が颯爽と翔けていく。


 ♪ Herbert v. Karajan "Prelude to Act I " Die Meistersinger von Nürnberg

(快晴の青空、ドイツの天気予報はどれを信じたらよいのかわからず、こんな天気はもう最後かもしれない。ということでお願いしてすぐ近くの有名なローテンブルクの観光はカットして、アウトバーンA7号線を200km走り続け一気に南下。今回の旅は快晴なら撮り鉄、それ以外なら観光という柔軟な計画だったので、お願いして最終目的地となるアルゴイ地方へ予定を前倒し(^_^;)。ここで7泊8日滞在するのですが、フランクフルトとは約400km離れているのでフライト到着が夕方となる前日にいきなりここまでは無理ということで天気が悪ければローテンブルク観光でもということでシュタインスフェルトに1泊した次第です。空港への帰り道にもローテンブルクには立ち寄れるということでこの日は勝手ながらスルーさせていただきました。(^_^;)
途中、工事による通行止めの区間もあり迂回をさせられもう間に合わないかと思いましたが、レンタルWifiにiphoneでの日本語によるGoogleナビのおかげでなんとか無事到着しました。着くと近くで放牧されている牛がカウベルを鳴らしてのんびりと草を食んでいます。そして、お目当ての客車特急レが通過、人生初の憧れのドイツ撮り鉄デビューカット達成!感謝感激です!
先頭の赤いカマは218形ディーゼル機関車でドイツでも古参、日本のDD54がこれをベースに設計されたといういわばDD54の元祖ともいうべき存在。カマもさることながら客車列車全廃でそれに飢えている今の日本でこんなのが走ったら、大激パ必至で大変な事態になるのに、他同業ゼロ。左側遠くには教会の塔、そして小さくですが茶色い牛が映っていてまるで夢のような世界、いやもうこれは夢です。)

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/20(土) 09:51:20|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4
<<Elbsee  | ホーム | Hotel Schwarzes Ross-Zehntscheune>>

コメント

さっそく拝見しました😌
鉄道の写真だけでなく建物の写真もあって…
ほんとドイツいいですね!!!
もう素敵すぎます最高ですっ!🎉🎉
  1. 2016/08/21(日) 12:00:00 |
  2. URL |
  3. maimai.n #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

~maimai.nさま~
ご高覧ならびにコメントまでいただき、大変うれしい限りです。どうもありがとうございます!
普段はほとんど風景を撮らないのに、夢のような素晴らしい世界で目にするものすべてに魅了されてしまいます。
maimai.nさまの再び渡独の日が来ることを心よりお祈りしております。
  1. 2016/08/21(日) 21:51:56 |
  2. URL |
  3. Nachtzug #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております。
淘汰され行く列車とともに最近は心にポッカリ感
がありましたが何とも刺激的な旅行記!!

長閑な風景も洗練されており日本にはない光景に憧れを抱いてしまう1枚ですね!
澄んだ空気と牧草の微かに香る中、
バッハサウンドを聴く時間はとても優雅で
羨ましいかぎりです。








  1. 2016/08/26(金) 02:06:46 |
  2. URL |
  3. Der azurites-Fuchs #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

~Der azurites-Fuchs さま~
こちらこそご無沙汰しております。また、うれしいお言葉、ありがとうございます!
最後のブルトレ引退で自分も虚無感が著しく、その後の高額ツアー列車への異常なほどの激パぶりを聞いて将来への閉塞感を感じるばかりでもはや日本の鉄道には趣味として持続可能性を見出せなくなってしまいました。そんな中、鉄復活前に傾倒していたドイツへの思いが再び沸き起こり、思い切って行ってみることにしました。11か月前の航空券手配時には諸事情で実現するか半信半疑、天気もどうなるか神のみぞ知るという状況でしたが、とりあえずはこれだけ晴れてくれたのには大感謝です!
ドイツのインフラ整備には景観との調和を設計に盛り込むことが義務化されていて、新たなインフラを次世代への遺産としてポジティブに持続させていく姿勢が見る者を魅了する風景を作り出しているのだとつくづく実感します。
鉄道についても客車列車という元来の方式を客車や機関車を新製しながらノスタルジーが持続していくという、鉄にとっては素晴らしい世界となっています。拙いながら今回の一連のレポが、今後の旅作りの一助になれば幸いです。

  1. 2016/08/26(金) 18:31:06 |
  2. URL |
  3. Nachtzug #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


←Bitte Freihalten.(管理者にのみ表示を許可する。)

トラックバック

トラックバック URL
http://nachtzug4001.blog.fc2.com/tb.php/309-4f7816d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (59)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (99)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (30)
未分類 (0)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR