鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

中世の街並 ローテンブルク  In der alten Reichsstadt Rothenburg ob der Tauber


2016.8.6 ドイツ ローテンブルク ゲオルゲンガッセにて
Rothenburg ob der Tauber am 06.08.2016.

 Ferienhof Schönに別れを告げて、アウトバーンA7号線を北上、2日目にあまりの快晴に鉄道撮影に振り替えてスルーしたローテンブルクを目指します。ところがウルム(Ulm)の手前で事故が発生した模様で大渋滞に。ナビを見ると通行止めの措置が取られているようで徒歩の方が早いと思われるほど殆ど止まったままで動かず目処が全く立たない状態に。ラジオで事故情報が流れ緊急車両の通行が予告されるとまだ来ていないのにどのクルマも片側2車線の両サイドに寄って緊急車両通行用のレーンを造り出す様子は日本では全く見られない光景で、助け合いというか合理的というかとにかく驚きました。ほどなくして緊急サイレンを鳴らした作業車が通り過ぎていきました。他にもドイツの運転マナーについて、日本のように追い越し車線を漫然と低速で走る車は皆無、そんなのが走っていたら速度無制限で200km/hオーバーのクルマに追突されるのは必至です。他にも工事区間等で速度規制があるとキッチリと制限速度まで速度を落とす、横断歩道に歩行者がいたら必ず停車など法令順守が徹底しています。これは周囲の雰囲気に合わせることを重視するあまり法令順守は二の次となってしまいがちな日本とは大違いです。日本のように過度に無駄な規制がないのも一因でしょうが、走っていてドイツのほうがはるかに快適であることは明らか、自己責任が確立された賜物と言えるでしょう。
話が少しそれましたが日本なら抜け道で渋滞を回避する癖があるのですが土地勘のない海外ではさすがにそれもできず人生最大の渋滞にハマってしまいました(-_-;)。もうこれはローテンブルクの観光は無理かと思われた頃、ようやく少し流れ出して通行止めが解除。途中のサービスエリアで昼食をとり、12時半頃予定→15時となり約2時間遅れでの到着となりました。
町全体が高い城壁に囲まれ、その城壁の北側にあるパーキングにクルマを収め、徒歩で城壁の門をくぐるとそこは別世界。
このローテンブルク、その歴史は970年頃にはじまり、中世の街並みが現在でもそのままに存在する町で、日本からのドイツ観光ツアーもここは外せないという定番で世界的な観光地であるというのも頷けます。
町の北東から中心部そして南部に向けて徒歩で散策することにします。

IMGP1281R.jpg
北東の人通りの少ないミルヒマルクト(Milichmarkt)通り、手前の黄色い建物は銀行です。

IMGP1282R.jpg
ゲオルゲンガッセ(Georgengasse)通り、徐々に賑やかになってきます。木組みの白壁の建物はホテルティルマン リーメンシュナイダー(Tilman Riemenschneider)、じつは8年ほど前に自分の両親がパックツアーで泊まった宿です。(^_^;)


IMGP1284R.jpg
メイン通りから少しそれるとこのように閑散としています。


IMGP1285R.jpg
この近くのお土産屋さんで買い物をしたら、なんとスタッフは日本人でした。(^_^;)


IMGP1291R.jpg
IMGP1308R.jpg
旧市街中心部付近のメイン通りはさすがに人でごった返しています。上の写真に写っている黒い帽子の人は馬に乗っているように見えますが、これは被り物をした道化師です(笑)。左手前の白い建物はぬいぐるみで有名なシュタイフ(Steiff)の館でここでもお土産を買いました。


IMGP1292R.jpg
激パ(笑)な通りをさらに南下していくと城塞の塔が見えてきます。


IMGP1300.jpg
パンフなどでよく見かける超有名スポットPlönleinに到着、ここで引き返します。

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/06(日) 08:00:10|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (49)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (98)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (28)
未分類 (0)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR