鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

Aitrang


2016.7.30 ドイツ アイトランク レーマー通りにて 
Aufunahme an der Römerstraße, 87648 Aitrang am 30.07.2016.

 村へとつづく小径。

 花咲く野原の向こうに広がる風景。

 アルプスの山々、森と大草原をバックに古い街並が佇む。


(鉄道撮影地のすぐそばでこんな光景が。鉄撮影、待ち時間が同行者に申し訳なく思うのですが、こんな絶景、ツアーではまず見ることができないかと思うのでご容赦をと都合のいい言い訳(^_^;)。あろうことか自分は鉄モードになってしまいすっかり撮るのを忘れていましたが、妻がiphoneで撮影してくれていました。最近のスマホはスゴイです。画素も1200万画素、画像も鮮明で驚きました。ドイツに行くと毎回思うのですが、遠くから眺める町の風景に最も魅了されてしまいます。この風景をバックに記念撮影してここを後にしました。) 

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/29(月) 19:50:30|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

草原の風に吹かれて ALEX


2016.7.30 ドイツKBS970  Biessenhofen ~Günzach ALX84138(Geltendorf発Oberstdorf行き快速列車)
ALX84138 von Geltendorf nach Oberstdorf. D-LOK: 223 071 auf KBS970 bei Aitrang (zwischen Kaufbeuren und Günzach) am 30.07.2016.

 アルゴイの広大な牧草地に敷かれた鉄路。

 緑一面の大地にバイエルンの旗色が翻る。 

 州都ミュンヘンから保養地オーバーストドルフに向けての旅がつづく。


♪ いきものがかり 『風が吹いている MUSIC VIDEO (Short ver.)』

(エルプ湖で昼食をとり休憩した後、再びこの地へ。日本で223系といえば単なる練習電あるいは通勤電で興味が全く湧きませんが、こちらの223はシーメンス製のディーゼル機関車。ドイツの車両形式は3ケタで1ケタ目が種別(0=SL、1=EL、2=DL、4=電車、6=気動車)ということが最近になってようやくわかってきました。(-_-;)
じつはこの通称Alex(人の名前ではなく、Allgäu Express=アルゴイ地方の急行の略)は全くのバイエルン州の私鉄でバイエルン州の旗色の水色と白色を纏っています。
ドイツの旧国鉄DB=Deutsche Bahnは線路保有会社と車両運営会社(長距離部門と地域部門の2社)・貨物会社とに分かれていて、自由化でDBの線路をDB系列を含む複数の会社の車両が走って、いわば高速道路を複数の会社の高速バスが走り使用料を支払うのと同じイメージ。狭い国の鉄路を複数の地域に分け独占であるがゆえに傲慢になり面倒な客レは全廃し長距離ネットワークも分断、公共性を忘れ商事会社と化して正直つまらない鉄道になってしまった極東のどこかの国とは全く発想が違います(苦笑)。ドイツではまだまだ客車列車が健在、当然過ぎて運転席付の客車を先頭にした高速推進運転もよく見かけますが、ここはやはり順当にカマが先頭の列車をたくさん撮影したいところ。Alexには制御客車がなく必ずカマが先頭、しかもKBS970では片道あたり2~3時間間隔で運行されています。車両に不足が生じたのか中央の車両に旧国鉄特急色となるラインゴールド色(赤とクリームとは日本もドイツも同じですね)の食堂車(営業しているかは不明)が連結されて編成美は見劣りしますが、牧草地を悠然と走る客車列車はやはりいいものです。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/26(金) 18:33:08|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Elbsee 


2016.7.30 ドイツ アイトランクにてエルプ湖
Elbsee in Aitrang am 30.07.2016.

 森と草原に囲まれた青き湖。

 水面を心地よくそよ風が翔けていく。

(撮り鉄の後は、昼食へ。本当に小さな村でどこに営業中のレストランがあるのか見当がつかず、キャンプ場やホテルがあるこのElbsee(エルプ湖)ならおそらくあるだろうと行くと予想通りありました。さきほどの撮影地から車で5分ほどの場所で重宝します。屋内か屋外テラスかどちらか選択可能ですが、これだけ天気がいいのでもちろん屋外テラスへ。屋外での食事はドイツでの大きな楽しみの一つです。週末の晴天とあって結構混雑していますが、ドイツ人ばかり、国際的な観光地ではないので日本人や観光地に行くと異様な賑わいを見せる隣の某国の人など他にいるはずもなく何だかホッとします。(^_^;)。久々にSchnitzel(カツレツ)、食後のEiskaffe(アイスカフェ)をいただきながらゆっくりとテラスで青空に青い湖を眺めながらくつろぐことができました。)

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/23(火) 21:33:17|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

牧歌 Grüße aus dem Allgäu


2016.7.30 ドイツ鉄道970号線 ギュンツァハ~ビーセンホーフェン IC2084特急ネーベルホルン
IC2084 Nebelhorn von Oberstdorf nach Augsburg Hbf. D-LOK: 218 495-0 auf KBS970 bei Aitrang (zwischen Günzach und Biessenhofen ) am 30.07.2016.

 ドイツ バイエルン州 アルゴイ地方。

 青い空に白い雲が流れ、緑一面の草原で牛がカウベルを奏でる。

 保養地からの特急列車が颯爽と翔けていく。


 ♪ Herbert v. Karajan "Prelude to Act I " Die Meistersinger von Nürnberg

(快晴の青空、ドイツの天気予報はどれを信じたらよいのかわからず、こんな天気はもう最後かもしれない。ということでお願いしてすぐ近くの有名なローテンブルクの観光はカットして、アウトバーンA7号線を200km走り続け一気に南下。今回の旅は快晴なら撮り鉄、それ以外なら観光という柔軟な計画だったので、お願いして最終目的地となるアルゴイ地方へ予定を前倒し(^_^;)。ここで7泊8日滞在するのですが、フランクフルトとは約400km離れているのでフライト到着が夕方となる前日にいきなりここまでは無理ということで天気が悪ければローテンブルク観光でもということでシュタインスフェルトに1泊した次第です。空港への帰り道にもローテンブルクには立ち寄れるということでこの日は勝手ながらスルーさせていただきました。(^_^;)
途中、工事による通行止めの区間もあり迂回をさせられもう間に合わないかと思いましたが、レンタルWifiにiphoneでの日本語によるGoogleナビのおかげでなんとか無事到着しました。着くと近くで放牧されている牛がカウベルを鳴らしてのんびりと草を食んでいます。そして、お目当ての客車特急レが通過、人生初の憧れのドイツ撮り鉄デビューカット達成!感謝感激です!
先頭の赤いカマは218形ディーゼル機関車でドイツでも古参、日本のDD54がこれをベースに設計されたといういわばDD54の元祖ともいうべき存在。カマもさることながら客車列車全廃でそれに飢えている今の日本でこんなのが走ったら、大激パ必至で大変な事態になるのに、他同業ゼロ。左側遠くには教会の塔、そして小さくですが茶色い牛が映っていてまるで夢のような世界、いやもうこれは夢です。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/20(土) 09:51:20|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

Hotel Schwarzes Ross-Zehntscheune


2016.7.30 ドイツ シュタインスフェルト(Steinsfeld)にてホテルシュヴァルツェスロス 
Hotel Schwarzes Ross-Zehntscheune in Steinsfeld am 30.07.2016.

 1789年建造。

 200年以上の時を越えて、今なお健気に佇む。

 朝日に照らされて木組みの鮮やかな壁が映し出される。


(今回お世話になった宿。ホテルシュバルツェスロス。直訳すると黒馬という名のこのホテルはたった11室しかなくこじんまりとした家族経営の宿。入り口には1789年建造と書かれたドイツ特有のFachwerkhaus(木組み構造)で220年以上前に建てられたもの!200年越えは少ないものの、ドイツにはこうした古い家の宿がそこかしこに当たり前のように存在します。部屋も大変きれいで対応してくださったここのオーナーらしきお婆さんも気さくで親切で、昨晩の空腹に引っ張られてか、ドイツパンにゆで卵、ハムにチーズが多種多様に揃ったブッフェスタイルの朝食をついつい食べ過ぎてしまいました。それにしても大変美味しい朝食でした!
ここで記念撮影、余韻に浸る間もなく出発して一路南下します。)

Geo Position

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/17(水) 18:50:10|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Steinsfeld朝景  ~ Morgen ~


2016.7.30 ドイツ シュタインスフェルト(Steinsfeld)にて 
Aufnahme bei Evangelisch-Lutherische Kirchengemeinde, Pfarrgasse 6, 91628 Steinsfeld am 30.07.2016.

 朝6時。

 教会の鐘の音が街中に長く響き渡る。

 快晴の青空の祝福を受け、一日がはじまる。


(ここにきて時差ボケがぶり返したのか眠れないのでこんな時間に更新です。思い返せばドイツでは適度な暑さで陽の光をよく浴びたのであまり難なく対応できたのですが、灼熱のこちらでは陽を避けざるを得ない状況なのが辛いところ(苦笑)、さて本題です。
翌朝、疲れがあるものの時差の関係で夜中には眼が覚めて眠れずにそのまま朝を迎えてしまいました(-_-;)。
夏とはいえサマータイムのため、日本のように日の出が5時頃というわけではなく6時前。そしてどの町でもそうですが、6時ちょうどに教会の鐘が鳴り響きます。毎度ながらこれがドイツイイね!と思う瞬間です。外を見ると快晴の青空。6月までは天候不順で雨や曇りの連続だった模様だけに、昨日の晴天といい今日の快晴といい大変ありがたいものです。せっかくなので朝食前にカメラを持って外出。さきほど鐘の音を鳴らした教会(Evangelisch-Lutherische Kirchengemeinde)を朝日が当たってよさげな通りで一枚。少しの時間でしたが朝のカラッとした新鮮な空気を満喫しました。)

撮影地マップ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/14(日) 01:03:15|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Steinsfeld夕景  ~ Abend ~


2016.7.29 ドイツ シュタインスフェルト(Steinsfeld)にて 
Aufnahme bei st2419, 91628 Steinsfeld am 29.07.2016.

 夕陽に染まるトウモロコシ畑。

 その向こうに小さな集落が佇む。

 教会の赤い塔に新たな出会いへの期待が高まる。


(先ほどの場所から少し南下、宿への到着直前に駐車帯があったので停車して一枚。広大な麦畑やトウモロコシ畑がつづく風景を走り続けるとこのような集落が再び現れるという繰り返しにスケールの大きさを実感しました。無事にこの日の宿に到着、ホテルにレストランもなく時差と長旅の疲れで夕食を摂ることもなくこの日は就寝となりました。(^_^;))

撮影地マップ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/11(木) 11:26:02|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

ドイツへ ~nach Deutschland~


2016.7.29 ドイツ シュタインスフェルト(Steinsfeld)にて 
Aufnahme bei Reichelshofen 31, 91628 Steinsfeld am 29.07.2016.

 ドイツ フランケン地方の小さな町。

 夕刻、斜陽が木組みの館を照らす。

 夏空の麦畑へと道がつづく。


♪ Richard Wagner - Die Meistersinger von Nürnberg

(大変ご無沙汰しております。梅雨に続く猛暑、それに耐えても撮る気の起こる列車もなく鉄活動は専ら休止中。そんな中、家族旅行でドイツへ。昨年の夏に航空券を手配、およそ11カ月越しでの計画、2006年以来10年ぶり4度目の渡独となりました。
7月29日に関空から直行のルフトハンザでフランクフルト着、レンタカーをピックアップ。久しぶりの右側通行に戸惑い、アウトバーンの工事規制による大渋滞に苛まれながらもなんとか最初の宿泊地Steinsfeld(シュタインスフェルト) へ。到着直前の道中、夕陽に当たったきれいな木組みの館(ビール醸造所のホテルレストラン)があったので思わず立ち止まって撮影、これがこの旅のファーストカットとなりました。(^_^;))

 撮影地マップ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/08(月) 15:36:53|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (39)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (85)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (27)
未分類 (0)

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR