鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

白銀の伊吹を越えて 5074レ


2015.2.11 東海道本線 近江長岡~柏原 5074レ(北九州タ発東京タ行き貨物列車)
GZ5074 von Kita-kyushu nach Tokio. E-LOK:EF210-126 bei Tokaido-Linie zwischen Oumi-nagaoka und Kashihara (Shiga) am 11.02.2015.

 冬の終章。

 銀世界に雪山伊吹が姿を現し、空が青へと染まりゆく。

 暖かい日差しの祝福を受け、冬から春への道のりを越えていく。

♪ Time To Say Goodbye - Hayley Westenra

(5087レの20分後の牛乳パックのロクヨン8865レは曇られ撃沈。しかしながら雪晴れゲットというこの日の目的を達しこともあり、撮影地の目の前のお店でランチ。天気が不安定で後悔しないうちにそのまま帰るつもりでしたが、柏原の雪の具合はどうかと偵察がてらにこの地へ行くと結構な雪の量。そして驚くことに全く絶望的だった伊吹の山容が少しずつですが姿を現してきました。これはなんとかなるかもと何本も貨物を撮っているうちに、どこで監視していた(笑)のが同業の方も集まってきました。最初は薄日だった光線もこの頃には全開に。そして現着90分後、完全に雲がとれることはありませんでしたが、ほぼ全容が姿を現して雪山伊吹@銀世界という念願のシチュエーションで桃貨を抑えることができました。)

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/27(金) 20:38:11|
  2. 東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

冬の終章に輝く 5087レ


2015.2.11 東海道本線 醒ヶ井~米原 5087レ(北旭川発百済行き貨物列車)
GZ5087 von Asahikawa-Nord nach Osaka. E-LOK:EF65-2117 bei Toukaidou-Linie zwischen Samegai und Maibara am 11.02.2015 .

  厳冬の北の大地からの遥かなる旅路。

  その終章、一面に輝く銀世界に青空が広がり始める。

  長く厳しい冬の旅を労うかのように春の日差しが出迎える。


♪ You raise me up

(5071レ撮影後、曇天模様は変わらず伊吹山が姿を現す見込みは限りなくゼロに近く、晴れてもこの時期は太いケーブルの影が側面に落ちるため、それなら面が曇るほうがマシとこの地へ。すると驚くことに醒ヶ井駅付近を境に西からは晴れの領域に。これはいけるかもとドキドキしながらこの地に到着。少し雲る時間帯があったものの通過時刻直前には太陽の風上に雲なし。勝利は確実と思いたいところですが、もう一つの宿敵が。ここの5087レは裏被りのリスクが非常に高くパンの生えたコキ(笑)に出会あうこともあっただけに気が抜けません。そして定時に5087レの姿が見え緊張感MAX、そしてすぐ背後で普電とすれ違い。いや~あぶないあぶない、5秒遅く通過してたら完全撃沈ですがリスク承知で賭けた甲斐あって、めったにない雪晴れPFカットを得ることができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/25(水) 20:38:27|
  2. 東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

儚い雪物語 5071レ


2015.2.11 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 5071レ(仙台タ発福岡タ行き貨物列車)
GZ5071 von Sendai nach Fukuoka. E-LOK:EF66-30 bei Toukaidou-Linie zwischen Oumi-Nagaoka und Samegai am 11.02.2015.

 前夜までに降り積もった雪で白く彩られた鉄路。

 瞬く間に消えゆく、なごり雪の幻想曲。

 長い旅の途中、束の間の儚い雪のあしあとを辿っていく。


♪ 平原綾香 「なごり雪」

(ここでの狙いはゼロロクでしたが、やはり晴れにも伊吹山にも出会えず。しかしながら雪景色を行くゼロロクは貴重なだけにいい記録となりました。この冬はなかなか雪山伊吹に出会えません。~涙)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/23(月) 20:40:19|
  2. 東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

なごり雪の季節を迎えて 7090レ


2015.2.11 東海道本線 醒ヶ井~近江長岡 7090レ(福岡タ発西浜松行き貨物列車)
GZ7090 von Fukuoka nach Hamamatsu-West. E-LOK:EF200-5 bei Tokaido-Linie zwischen Samegai und Oumi-nagaoka am 11.02.2015.

 立春を過ぎ、凍てつく寒さも和らぐ季節。
 

 不意に冬の空気が訪れ、山間をモノトーンの風景へと変える。

 なごり雪で白く染まった鉄路を静かに翔けていく。

♪ なごり雪 イルカ

(前日の大雪で米原積雪39cm、そして天気回復を期待してこの地へ。しかしながら雪は多く残っていたものの晴天には恵まれず。それでも雪景色を行くEF200というレアな光景に出会うことができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/22(日) 21:35:23|
  2. 東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

春待つ白き大地を越えて すずらん


2015.1.25 千歳線 南千歳~美々 1034M特急すずらん4号
IC1034M " Suzuran 4 " von Sapporo nach Muroran. E-Triebwagen: Serie 785 bei Chitose-Linie zwischen Minami-Chitose und Bibi am 25.01.2015.

 冬の嵐の後、束の間の小春日和が訪れる。

 雪に埋もれた鉄路を暖かい日差しと青空が恵みを与える。

 青と白に彩られた道を春に向けて翔けていく。

♪ 平原綾香 - Auld Lang Syne 〜 蛍の光


(静狩で北斗を撮影後、礼文付近で貨物や183系を狙うも曇られたり薄日と苦戦。朝の北斗星のあの光線は本当に奇跡だったとつくづく思い知らされます。(^_^;)そして空港へレンタカーを返却する前に、営業所のすぐ近くの場所で最後の撮影。千歳は朝からピーカンだった模様ですが到着時は急速に雲が広がり始めました。もっと早くにここへ来ておくべきだったと少し後悔。この日は8002レの設定がなく、貨物の2082レ狙いでしたが曇られてしまい撃沈。結局、現着後すぐに来たこの785系のすずらんでの〆となりました。この785系も5年後には引退とのことでこれはこれでいい記録となりました。これでレンタカーを返却し、新千歳空港へ。前回の豪雪欠航の混乱が嘘のような静けさの中、今度はゆったりと帰ることができました。やはり遠征はこういう平穏な時に限るとつくづく実感しながら家路へとつきました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/21(土) 10:31:38|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

白銀の輝きを越えて 北斗


2015.1.25 室蘭本線 静狩~長万部 5004D特急北斗4号
IC5004D "Hokuto 4" von Sapporo nach Hakodate. D-Triebwagen BR183 bei Muroran-Linie zwischen Shizukari und Osyamanbe am 25.01.2015.

 厳冬の北の大地。

 風雪と凍てつく寒さが支配する厳しい天気も束の間の休息を迎える。

 静寂の白銀の輝きを越えて旅を続ける。


♪ Celtic Woman - You Raise Me Up

(北斗星撮影後は、毎度お決まり~笑となってしまったこの場所へ。すっかり気が抜けてしまいましたが、なんとか晴れてくれました。以降、曇りモードとなってしまったこの地に別れを告げて空港へ向けて寄り道しながら帰路につきました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/19(木) 20:40:52|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

冬物語最終章への祝福 北斗星


2015.1.25 室蘭本線 長万部~静狩 1レ寝台特急 北斗星
CNL1 " Hokutosei " von Tokio nach Sapporo. D-LOK:DD51 1140 + DD51 1100 mit Triebwagen BR24 ( Schlafzimmerwagen, Schlafwagen, Restaurantwagen, und Salonwagen) bei Muroran-Linie zwischen Osyamanbe und Shizukari am 25.01.2015.

 大都会東京から夜を徹し、風雪厳しい鉄路を走り続けてきた夜行列車、寝台特急北斗星。

 迎えた朝、長年の旅情の軌跡を讃えるかのごとく、春のような光がその遥かなる旅路の終焉を祝福する。

 最後の冬、雪を纏った森と白銀の大地に青い流れ星を輝かせ終着駅へと翔けていく。


♪ 茉奈佳奈(まなかな) - いのちの歌

(吹雪の撮影となった北海道での北斗星。雪好きなのでそれもいいのですが、雪煙で美しいブルトレ客車が全く見えなかったのがどうしても心残りでわずか1週間後、迷いに迷って底値の枠に空席があったのを幸いにフライト出発の4時間前に再び緊急渡道を決意。今を逃すと雪まつりのシーズンで航空運賃が高騰することもあり、バカだと思いながら底値の今しかないと自分に言い聞かせて機中の人に。
翌朝、天気は晴れ予報に反して相変わらずの冬空なものの見事なクリスマスツリーに。気温マイナス6度の厳寒にも関わらず、5時半前というのにすでにゲバが多数\(◎o◎)/!上段は満員御礼のため、今回はじめて下段へ。通過時は20名程度、厳しい冬にもかかわらず昨年の秋より明らかにヒートアップして、積雪でできた下段のスペースが雪崩で崩壊しないか心配しました(笑)。カシオペアは薄日でしたがこのクリスマスツリーで十分満足。そして1レ通過直前から光線が強くなりスゴイ光景が。シャッターを押す手が震え、こんな光景、本当にいただいていいのかと思いながら押し続けました。隣の同業の方の仲間内での会話の「この一枚だけで飛行機に乗って遠くここまで来た甲斐があったよ」という言葉が今でも忘れられません。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/15(日) 11:15:21|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 6

厳冬に吼える 3052レ


2015.1.18 室蘭本線 静狩~長万部 3052レ(札幌タ発隅田川行き貨物列車)
GZ3052 von Sapporo nach Tokio. D-LOK: DF200-53 bei Muroran-Linie zwischen Shizukari und Osyamanbe am 18.01.2015.

 凍てつく大地に容赦なく雪が激しく舞い散り降り積もる。

 白く閉ざされた過酷な道と化した鉄路をDFの鼓動を轟かせて切り開く。

 RED BEAR、厳冬の大地に吼えゆく。 


♪ 広瀬香美 / promise

(この悪天候でも、北斗星は30分遅れと優秀ながら、他の列車は貨物特急ともにダイヤ崩壊。本州からの下りが大幅遅延というのはよく遭遇するのですが、今回は札幌地区大雪のため上りも。80分遅れの北斗4号を撮影後、公式情報で通過予定らしき時刻まで待って大幅遅延の3052レを撮影、なんと7時間以上遅れ。これ以降もうスジが読めないため、撤収。
欠航続出でカオスな新千歳空港へ向けて帰路につきました。その後の顛末は前述のとおりですが、何とか家に無事たどりつくことができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/12(木) 20:50:14|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

最後の厳冬を越えて 北斗星


2015.1.18 室蘭本線 長万部~静狩 1レ寝台特急 北斗星
CNL1 " Hokutosei " von Tokio nach Sapporo. D-LOK:DD51 1137 + DD51 1140 mit Triebwagen BR24 ( Schlafzimmerwagen, Schlafwagen, Restaurantwagen, und Salonwagen) bei Muroran-Linie zwischen Osyamanbe und Shizukari am 18.01.2015.

 降りやまない雪、激しく舞い散る雪。

 雪の海に埋もれ難路に苦渋しながらも最後の冬の任務を全うする。

 厳冬の試練に重連の叫びを上げながら越えていく。


 ♪ 広瀬香美 / promise

(翌朝、天気が回復するとの予想。晴れなくても雪景色が楽しみということで期待して宿を出発。この時点では予想通り回復するような気配。ところが現地に着くころから雪が強く降り出して激しさを増すばかり。風が前日より収まったぶんこれでも撮影は楽なのですが、前日の反省から雪煙から客車を少しでも見えるように俯瞰という策は全く功を奏さず、青い特雪と化してしまいました。(涙))

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/10(火) 21:15:02|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

雪明かり 北斗星


2015.1.17 室蘭本線 長万部 2レ寝台特急 北斗星
CNL2 " Hokutosei " von Sapporo nach Tokio. D-LOK:DD51 ****+ DD51 **** mit Triebwagen BR24 ( Schlafzimmerwagen, Schlafwagen, Restaurantwagen, und Salonwagen) bei Osyamanbe BF (Muroran-Linie) am 17.01.2015.

 厳冬の夜。

 風雪厳しい旅の序章を駆けてきた夜行列車。

 降り続ける雪を照らし、待ち受ける深夜の過酷な難路に向けて、凍てついた車体を軋ませて旅立っていく。


♪ MISIA - Everything

(宿に戻り、夕食を済ませ一服すると体力が回復したものの、風雪が強くなってきたので行くかどうか迷いましたが、とりあえず近くの駅に行ってみることに。風雪が強くバルブだとブレテしまう恐れがあるので、高感度ISO12800を発動して手持ちで。駅外の駐車場で暗いながらも雪がレフ板効果を出してくれたためかなんとか収めることができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/08(日) 16:20:48|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

厳冬の夕暮れ 3065レ


2015.1.17 室蘭本線 長万部~静狩 3065レ(相模貨物発札幌タ行き貨物列車)
GZ3065 von Sagami nach Sapporo. D-LOK:DF200-114 bei Muroran-Linie zwischen Osyamanbe und Shizukari am 17.01.2015.

 厳冬の夕暮れ。

 沈みゆく太陽が凍てつく鉄路の旅人を紅く染めていく。

 四つのヘッドライトが暮れゆく雪道を照らす。


♪ Dreams Come True - Snow Dance

(先ほどの北斗からわずか30分後の午後四時前、もう太陽は山の稜線に近づき日没間近。ほのかに赤く貨物列車を染めてこの日の撮影は終了。朝の北斗星の時はあまりの厳しさに昼間の撮影はトケして宿で寝てようかとも思いましたが、何とか一日耐えることができました。(^_^;)極寒の一日も終わり、やっと暖のある部屋で休むことができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/06(金) 20:20:05|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 7

黄金色に輝く 北斗


2015.1.17 室蘭本線 長万部~静狩 5009D特急 北斗9号
IC5009D" Hokuto 9 " von Hakodate nach Sapporo. D-Triebwagen:BR183 bei Muroran-Linie zwischen Osyamanbe und Shizukari am 17.01.2015.

 厳冬の夕刻。

 厚い雲に隠れていた太陽が束の間、雪の大地を黄金色に染め上げる。

 その刹那、雪煙とともに凍てつく車体を輝かせて翔けていく。


 ♪ Yell

(続いて下りの北斗。早いもので山側に陽が回り出しました。束の間の貴重な晴れ間、少しでも陽をあてないとモッタイナイとあえて窮屈な構図ながらこちら側から試すことに。夕陽に照らされた雪原と雪まみれの車体がいい具合に黄金色になり思いがけないカットとなりました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/04(水) 20:40:19|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

厳冬の青空に翔ける 3056レ


2015.1.17 室蘭本線 静狩~長万部 3056レ(札幌タ発隅田川行き貨物列車)
GZ3056 von Sapporo nach Tokio. D-LOK: DF200-61 bei Muroran-Linie zwischen Shizukari und Osyamanbe am 17.01.2015.

 厳冬の昼下がり。

 それまでの吹雪が止み、束の間の青空が広がる。

 凍てつく風に吹かれながらも、銀世界に彩られた鉄路を翔けていく。


♪ 遥かな人へ 髙橋真梨子(in LONDON '94)

(吹雪ばかりの一日でしたが、午後から少し天気が回復。しかしながらこの時間帯はトップライト、しかも撮りたい列車はほとんどなく。。。なにもこんな時間帯に晴れなくても(^_^;)。相変わらず凍てつく強風に気力が失せますが、側面が曇っても雪晴れはいいものです。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/03(火) 20:38:13|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

風雪の鉄路を越えて 北斗


2015.1.17 室蘭本線 礼文 5005D特急北斗5号
IC5005D " Hokuto 5 " von Hakodate nach Sapporo. D-Triebwagen BR183 bei Rebun BF (Muroran-Linie) am 17.01.2015.

 厳冬の大地。

 容赦なく吹きすさぶ風と雪が行く手を厳しい道のりに変えていく。

 難路に苦渋しながらも凍てつく試練を寡黙に越えていく。


 ♪ 岩佐美咲 「無人駅」 

(先ほどの某有名撮影地をあとにし、晴れたら順光になるこの駅へ。しかしながら晴れ間が少しあったもののすぐに風雪。
酷寒の風が吹いてゲバ立てする気力もなくお手軽に手持ちで。(^_^;)このキハ183系も5年後には引退との報道があり、これからは貴重な存在になっていくものと思われます。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/01(日) 20:02:23|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (48)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (98)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (28)
未分類 (0)

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR