鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

粉雪舞う峠を越えて 3084レ


2015.1.17 室蘭本線 礼文~小幌 3084レ(札幌タ発名古屋タ行き貨物列車)
GZ3084 von Sapporo nach Nagoya. D-LOK: DF200-12 bei Muroran-Linie zwischen Rebun und Koboro am 17.01.2015.

 長い旅の序章。

 粉雪舞う峠の鉄路に挑む。

 静寂の山間に自らの鼓動を響かせ、雪煙を蹴立てて厳冬を越えていく。


♪ BENI - 粉雪

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/31(土) 09:29:58|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

冬のうた 3091レ


2015.1.17 室蘭本線 小幌~礼文 3091レ(新潟タ発札幌タ行き貨物列車)
GZ3091 von Niigata nach Sapporo. D-LOK:DF200-54 bei Muroran-Linie zwischen Koboro und Rebun am 17.01.2015.

 厳冬の峠道。

 長い旅を続けてきた旅人が深い雪に轍を刻みながら邁進する。

 冬のうたを奏でて旅の最終章を綴っていく。


♪ Kiroro/冬のうた

(最も過酷な撮影となった1レ@静狩の後は、少しでも風が収まってそうな山間部に避難。線路の両脇に雪壁ができるほどの積雪量でしたが、風が弱まった分先ほどより少しはいい環境。しかしながら凍てつく寒さは変わりなし。上りの撮影はすでに紹介したとおりですが、下りの貨物を。粉雪がいい具合に降っくれて赤い車体に映えてくれました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/29(木) 20:34:23|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

厳冬の鉄路を越えて 北斗星


2015.1.17 室蘭本線 長万部~静狩 1レ寝台特急 北斗星
CNL1 " Hokutosei " von Tokio nach Sapporo. D-LOK:DD51 1138 + DD51 **** mit Triebwagen BR24 ( Schlafzimmerwagen, Schlafwagen, Restaurantwagen, und Salonwagen) bei Muroran-Linie zwischen Osyamanbe und Shizukari am 17.01.2015.

 厳冬の大地。

 凍てつく風と雪が容赦なく吹き付けて酷寒の鉄路へと変えていく。

 迎えた最後の冬、DD重連の咆哮を轟かせ厳しい道のりを越えていく。


 ♪ 広瀬香美 / promise

(ここでの撮影は今までで最高に厳しいものでした。静狩クロスの予定でしたが、猛吹雪で接近戦必至、クルマから降りて長い間歩いて行けるような状況になく、至近の踏切に変更。雪質はパウダースノーでカメラにまとわりつくことはなく楽なのですが、三脚ごと吹き飛んでしまいそうな地吹雪、頬には冷たいというより突き刺すような痛み、今まで幾度と雪中撮影を敢行してきましたが最も厳しい環境に直面、列車の通過までもう耐えられないかと思いましたが通過時だけは小康状態になったのが幸いでした。雪煙が凄すぎてブルトレなのかなんなのかわからない仕上げとなってしまいました。(^_^;))

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/27(火) 20:20:03|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

厳冬の山間を越えて 北斗


2015.1.17 室蘭本線 礼文~小幌 5004D特急北斗4号
IC5004D " Hokuto 4 " von Sapporo nach Hakodate. D-Triebwagen: Kiha 183 bei Muroran-Linie zwischen Rebun und Koboro am 17.01.2015.

 凍てつく山間。

 雪深い難路と化した鉄路。

 降りしきる雪の中、寡黙に任務を全うしていく。

 
♪ Kiroro/冬のうた

(ここでの撮影も風雪が強く大変厳しいものでした。滞在時間2時間強、クルマを横づけができたのでよかったのですが、それができなければ全く耐えられない環境でした。本数の多い室蘭本線だけあって、DF貨物3本と北斗2本、普通1本を収めることができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/23(金) 21:00:01|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

厳冬の大地にて 474D


2015.1.17 室蘭本線 礼文~小幌 474D(東室蘭発長万部行き普通列車)
RB474D von Higashi-muroran nach Osyamanbe. D-Triebwagen: Kiha 40 bei Muroran-Linie zwischen Rebun und Koboro am 17.01.2015.

 厳冬の大地。

 凍てつく雪で白く染まる鉄路を翔ける。

 酷寒の時を静かに越えていく。




(往復で1万3千円という破格なLCCがあるのを見つけ、財務省を説得して宿泊用キャリーケースは釈放(笑)。
ということで豪雪が期待できそうと1月16日の午後発1月18日夜着という行程で緊急渡道。
余談ですが、関空発着なので神戸空港の海上アクセス利用の無料駐車場にクルマを停めた直後に天皇陛下の御一行が50mほど先を通られていくというスゴイサプライズ。警察からの指示で通過が終了するまではクルマから出ることを制限され待機状態に。関空から新千歳へ飛び到着するころはすでに日没後ということでこの日はいつもお世話になっている宿へひたすら運転するのみ。到着日は穏やかだった天候も翌日・翌々日の撮影日は一転凄まじい豪雪、今までで最も過酷な経験となりました。そして撮影スケジュールをすべて終えて確認すると一つ前の便に欠航の文字が。高速道路も札幌・苫小牧東間通行止めという凄まじい状況で不安なまま新千歳空港へ。6割程度の便が欠航という状況でLCCな帰りの便ははたして飛ぶかどうかも不明。振替手続きやキャンセル待ちの長蛇の列であふれかえった空港出発ターミナルは完全にカオス、前日の欠航からのマルヨの人も多くいる模様で疲れ果てて床に足を投げ出して眠っている方々もいて戦場と化していました。とりあえず1655発の自分の便は「時刻未定」のまま、搭乗手続きが開始されたのでひとまず安心。同時刻の神戸行きは欠航となっただけに飛ぶだけでも本当にありがたいものです。あとはいつ関空に到着できるか。海上アクセスの最終が23:50発なのでそれまでに到着できないと関空でマルヨという事態に(泣)。搭乗口付近のロビーもいつ出発できるかわからない3便の搭乗客であふれかえってカオス。なんとか3時間30分遅れで出発、関空着が2300前で最終便の海上アクセスに間に合いクルマに乗り換え家にたどり着いたのは夜中の1:30となりました。1時間後の次便は041関空着の模様でアウト、一つ前の便は欠航、一つ後の便は関空マルヨ、今から考えてもヒヤヒヤものです。これですっかり疲れてしまい翌日以降の退勤後生活ダイヤも崩壊、今日になってようやく回復してきました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/21(水) 21:46:00|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

遥かなる旅路、厳冬を越えて 3098レ


2015.1.10 北陸本線 湯尾~今庄 3098レ(札幌タ発福岡タ行き貨物列車)
GZ3098 von Sapporo nach Fukuoka. E-LOK:EF510-506 bei Hokuriku-Linie zwischen Yuno-o und Imajou am 10.01.2015.

 15時間遅れ。

 それでもなお、2000km以上に及ぶ日本最長距離の任務を放棄せず寡黙に終着を目指す。

 最後まで走り続けることの素晴らしさ、行く先には明るい晴天が待っている。


♪ 岡本真夜 Will

(朝の混乱も落ち着いて今庄で美味しいお蕎麦の昼食後はこの場所へ。朝の豪雪模様も収まり、暖かくなってきました。+15時間の3098レに青506が充当の模様。24時間手配ならぬ15時間遅れ、現場の方は本当に大変だったことと思います。
直前までスゴイ霰が降って難儀しましたが、通過時は小雪舞う程度、おかげで溶けてきた雪も白さを取り戻してくれました。青が来るかどうかわからない中での撮影行きだけに、年末に続き2度目青@雪景色が撮れたのはよかったです。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/13(火) 20:38:35|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

吹雪の夜明けを越えて 3096レ


2015.1.10 北陸本線 王子保~南条 3096レ(新潟タ発広島タ行き貨物列車)
GZ3096 von Niigata nach Hiroshima. E-LOK:EF510-5 bei Hokuriku-Linie zwischen Oushio und Nanjou am 10.01.2015.
 
 厳冬の夜明け。

 北の国から夜を徹し走り続けてきた旅人。

 激しく舞い散る雪にもめげず、厳しい道のりを越えていく。


 ♪ 広瀬香美 / promise

(いや~参りました。
年が明けてようやく貨物も夜行も始動となった初めての休み、雪が期待できそうな北陸へ。
撮影地に到着し、クルマを端に寄せて路肩の雪が盛り上がったところに駐車しようとしたらそこは用水路!で脱輪→田んぼのあぜ道で何度も滑って転倒→下りの3097レは設定がなぜか連写になっておらず串パン撃沈、ともう何かに呪われたかのような撮影行きとなりましたが、狙いの雪花のおにぎり山バックの貨物の続行2本はわずかな遅延でなんとか抑えることができました。青が入らなかったのは残念でしたが。。。撮影後、すぐにJAFにTELして脱出、知らないうちに(笑)継続入会していたのが救いとなりました。(^_^;)お隣でJAFに現場情報を伝えるのに手助けいただいた同業さま、大変お世話になりありがとうございました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/11(日) 11:00:55|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

凍てつく鉄路を踏みしめて 北近畿タンゴ鉄道


2015.1.2 北近畿タンゴ鉄道宮福線 喜多 111D(福知山発宮津行き普通列車)
RB111D von Fukuchiyama nach Miyazu. D-Triebwagen: KTR201 bei Kita BF (KTR Miyafuku-Linie) am 02.01.2015.

 厳しい冬の山間。

 深い雪と移り変わりの激しい冬空。

 束の間の静寂の時、凍てつく鉄路を越えていく。


♪ ただ泣きたくなるの

(帰り道にせっかくなのでもう1カット。ワインレッドに白帯というよさげな配色の単行キハが南進していくのを目撃。
これが折り返しで帰ってくる頃を見計らって再びこの駅で。背景の着雪した木々とのコラボでなぜかスイスのような雰囲気~笑。と思って後でこのブログリンクのドイツサイトで調べるとこの顔、確かにスイスの赤い登山電車とよく似ています。最もあちらは環境立国で気動車なるものは存在しませんが。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/07(水) 21:03:51|
  2. 私鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

今福喜多る幸福の駅にて あおまつ


2015.1.2 北近畿タンゴ鉄道宮福線 喜多 4116D丹後あおまつ4号
RB4116D " Aomatsu 4 " von Amanohashidate nach Fukuchiyama . D-Triebwagen:KTR708 bei Kita BF (KTR Miyafuku-Linie, Kyoto) am 02.01.2015.

 新春を迎えた丹後の山間。

 雪に埋もれた鉄路を踏みしめる。

 冬の嵐の後の静けさの中、新しい年のはじまりを翔けていく。


♪ 岡本真夜 - そのままの君でいて 

(のんちゃんインフルエンザ、年末の妻の風邪引き寝込みとクリスマスから年越しにかけて違う意味(笑)で冬の嵐が吹き荒れた我が家もとりあえず一段落。そんなわけでここ最近幽閉状態ののんちゃんを連れて気分転換に手軽な丹後へ。
当地も数センチの積雪だったのですが、ここはとにかく雪の量がハンパなくどこも雪で閉ざされとても入っていけるような状況になく、手軽に駅撮り。親子連れを含めた同業が3名ほど来られて何かネタでも来るのかと思いきや後ろから臨時381系国鉄色が。自宅周辺では当たり前のように走っている381もここでは珍客のようです。最も自分は、国鉄色といえどもあのメタボなスタイルにハゲ屋根な381系には興味が沸かないので完全スルーですが(笑)。最近登場した豪華気動車あおまつ、青に金帯なのでどうかと思いきや、北の青DDや青510のようにはいきませんが、偶然にも駅案内板にはここが「今福喜多る幸福の駅」とのこと、知らずのうちに縁起の良い2015年撮り初めに(^_^;)。助手席にも門松と謹賀新年の垂れ幕があって正月らしい列車を撮ることができました。
撮影中、雪だるまを作っていたのんちゃんとこの後、冬の日本海を見てゆっくりと観光、帰路につきました。
雪と海という組み合わせは初めて見る風景だけにいい思い出となったことでしょう。
KTRといえば少し派手な水色の気動車という思い込みがありましたが、今ではシックな色合いの気動車が多く貨物がウヤの時は重宝しそうです。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/05(月) 20:45:12|
  2. 私鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

2015年、終着の年へ トワイライトエクスプレス


2014.9.21 室蘭本線 伊達紋別~北舟岡 8001レ寝台特急トワイライトエクスプレス
CNL8001 "Twilight Express" von Osaka nach Sapporo. D-LOK:DD51 1102 + DD51 1095 mit Triebwagen BR24 ( Schlafzimmerwagen, Restaurantwagen, und Salonwagen) bei Muroran-Linie zwischen Date-monbetsu und Kita-funaoka am 21.09.2014.

  誕生から四半世紀にわたり北の大地への長い鉄路を走り続けてきた夜行列車、寝台特急トワイライトエクスプレス。

  2015年、その長い歴史も終着駅に到着する。

  憧憬の軌跡を讃えるかのごとく青く澄み渡る海と空にDD重連の咆哮を轟かせ、遥かなる旅路の最終章を綴る。


♪ いきものがかり 『風が吹いている MUSIC VIDEO (Short ver.)』


【謹賀新年2015年】
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


(今年で終焉を迎えるトワイライトを。
急に思い立ち再び緊急渡道。前回からわずか1週間後というアホです。さすがにまた北海道へなんて嫁には言えず、近場へ泊まりで行ってくると言い残しましたがバレてしまい大変でした。以降、宿泊用のキャリーケースは門外不出となっています~爆。
今回は噴火湾バックに撮れる北舟岡へ。今までにない接近戦でSS=1/4000を初めて発動。狙いはもっと海を大きく取り入れたものなのですが、その連写の後コマが偶然にも編成撮りドンピシャの位置で止まり、思いがけないカットに出会うことができました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/01(木) 11:50:00|
  2. 北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 6

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (39)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (85)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (27)
未分類 (0)

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR