鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

遥かなる旅路、真夏を越えて 3099レ


2014.7.26 北陸本線 坂田~田村 3099レ(福岡タ発札幌タ行き貨物列車)
GZ3099 von Fukuoka nach Sapporo. E-LOK:EF510-502 bei Hokuriku-Linie zwischen Sakata und Tamura am 26.07.2014.

  南国から北の大地へ向け2,000km以上の鉄路を走破する日本最長距離列車。

  長い旅のメインキャストとなる日本海縦貫線の青き金帯の走者にバトンを引き継ぐ。 

  真夏の一日の終わり、夕日のYELLを浴びて、その遥かなる旅路は続く。


♪いきものがかり YELL

(5070レ撮影後は、すぐにここに移動。この日のメインの目的はゼロロクではなくこの3099レ、順当に運用が回れば青い502号機。先ほどの場所からわずか10km足らずしか離れていないのに、ここは雲一つない激天!定番の場所はバルサン中だったため少し南寄りのこの場所で。うれしいことに続行で来る4071レも青510。わずか6分間隔で青い510が2列車も共演するゴールデンタイム、どちらも汚れの少ないカマで夕日に綺麗に輝いて充実した撮影で一日を終えることができました。)

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/29(火) 20:20:22|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

盛夏の伊吹を越えて 5070レ


2014.7.26 東海道本線 近江長岡~柏原 5070レ(福岡タ発仙台タ行き貨物列車)
GZ5070 von Fukuoka nach Sendai. E-LOK:EF66 52 bei Tokido-Linie zwischen Oumi-nagaoka und Kashihara (Shiga) bei 26.07.2014.

  長い旅の途中。

  夕刻、夏空の伊吹の山に沸き立つ積雲。

  緑一面の瑞穂の大地の夏を越えていく。

  
 ♪福耳 / 星のかけらを探しに行こう Again

(昨日は大きなイベントの後、この地へ直行。とにかく暑い中でしたがゼロロクの5070レに間に合いました。(^_^;)
平地では全く雲一つない青空でしたが、少し山があると雲が沸き立って不安定な空模様で短時間に曇りと晴れの繰り返しでヒヤヒヤしましたが、通過時は晴れてくれました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/27(日) 18:10:07|
  2. 東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

夏空の祝福 湖西線開業40周年記念号


2014.7.20 湖西線 近江高島~北小松 9518レ湖西線開業40周年記念号
SZ9518 " 40 Jahre Feier der Kosei-Linie " von Oumi-imazu nach Kyoto. D-LOK:DD51 1183 mit Sondertriebwagen BR14-700 "Salon-Car Naniwa" zwischen Oumi-Takashima und Kita-Komatsu am 20.07.2014.

 開業から40年を迎えた湖西の鉄路。

 いくつもの時代を越えてきた軌跡を祝う記念列車。

 広大な水をたたえる琵琶湖、緑深まる瑞穂、そして夏空の祝福を受け颯爽と翔けていく。


 ♪いきものがかり 『風が吹いている MUSIC VIDEO (Short ver.)』

(昨日はゲリラ雷雨の可能性が高かったものの、出たとこ勝負。午前中は天気が悪そうで、家に愉快な来客様(笑)があることもあり10時発とゆっくりと出撃。通常通る名神は20kmという大渋滞で湖西道路も相当激が予想されたので、舞鶴若狭道迂回で今津へ。せっかく北へ来たのだから少しでも保険をというつもりで某所で下りを狙いましたがゲリラ雲にやられて撃沈。あと残すは本チャンのみの覚悟でこれ以上は追っかけはせず現地着。すでに相当な激パ、なんとか場所を確保できました。(^_^;)
時間にはまだ十分余裕がありましたが、次から次へと増えてきて史上最大の激パ、というよりお祭り。ざっと200人越えの模様でした。
田んぼにあるフェンスにも祝湖西線40周年の横断幕が掲げてあって地元さんも歓迎ムードの模様です。
着いたときはゲリラ雲も多かった空も通過時刻近くには青空全開!そして遠くから2灯のヘッドライトを点灯した赤いカマが姿を現した時から、それまでの喧騒が一気に静まり、全くの静寂に(笑)。最高の青空と光線全開で湖西線の名にふさわしい素晴らしい風景をゆっくりとした速度で通過していきました。
この日、久しぶりにお会いしました方をはじめ、現地でお話しました皆様、束の間でしたがお世話になりありがとうございました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/21(月) 11:12:07|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 6

別れの曲 ひたちなか海浜鉄道


2014.5.4 ひたちなか海浜鉄道 湊線 金上~中根 131列車(勝田発阿字ヶ浦行き)
RB131 von Katsuta nach Ajigaura.D-Triebwagen:KIHA222+ KIHA2004+KIHA205, bei Hitachinaka-Bahn zwischen Kaneage und Nakane am 04.05.2014.

 晴天に恵まれた休日の最終章。

 雨の季節を前に水と緑で美しく彩られた鉄路。

 青空との別れの曲を奏でて翔けていく。

♪May J. / 「First Love」(カヴァーAL「Summer Ballad Covers」より)

(GWの関東遠征の最終編。
さきほどの木立の場所から程近い場所で、今度は勝田からの折り返しとなる旧型キハを待ちます。今度は3両とわかっているので構図もそれに対応して準備万端。しかしながらやはりというか天気が怪しくなってきました。上空は晴れているものの背景の雲が増えてきて、こうなるともう逃げ口上ならぬに逃げ構図で思い切り広角に。( ̄◇ ̄;)少しでも青空の領域を入れようと苦慮しましたが、おかげで空の表情が出て結果的にはマズマズ。(^_^;)これの阿字ヶ浦折り返しを待ちましたが、この直後の新型キハ3710の3両を練習電として撮ってから光量もダウン。後悔のまま終了したくはないので待たずに撤収、これにてGW関東遠征は終了となりました。
余談ですが、北斗星撮影からこのひたちなか海浜鉄道まで多忙なスケジュールで朝から全く食事をしておらず、すでに14時すぎ。空腹の極みで茨城空港への高速に乗る直前に見つけた台湾料理四季紅という店へ。
この水戸近辺、台湾料理店や中華料理店が多いようで、食事をするなら中華系ということで最終ポイントのお店へ。(^_^;)
豚肉玉子炒めランチ¥600にプラス¥150でスープ→ラーメンに変更で¥750也を注文。
出てきてビックリ!メインがてんこ盛に、唐揚げてんこ盛、ラーメンとご飯と凄いボリューム!どれも大変美味しかったのですが、朝から全く食べていないのにお腹が破裂しそうになりました。初めて行かれる方は各自、整腸剤を準備されたほうがよろしいかと。(笑)当然ながら夕食も不要でこの日は一日一食に。そんなこんなで充実したGWの関東遠征は特盛台湾料理の宴でお開きとなりました。
2ヶ月以上にわたり途切れ途切れで連載してきました関東遠征記ですが、これをもちまして終了となります。長い間でしたが拙作にお付き合いいただきありがとうございました。)
 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/18(金) 21:15:10|
  2. 私鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

朝日を浴びて北へ 3097レ


2014.7.12 湖西線 近江中庄 3097レ(広島タ発新潟タ行き貨物列車)
GZ3097 von Hiroshima nach Niigata. E-LOK:EF81 404 bei Oumi-nakasho BF ( Kosei-Linie ) am 12.07.2014.

 早朝の湖西路。

 夜を徹し走り続けてきた旅人。

 朝日を浴びて一直線の鉄路をひたすら北に向けて翔けていく。


♪平原綾香「おひさま~大切なあなたへ」 FULL

(4058レ撮影後は伊吹界隈に行く予定でしたが、2時間半後の3096レに青510の511号機充当との情報でこの近辺にとどまることに。さらに北上しようとしましたが、またもやパーイチの3097レの存在をすっかり忘れていました。高架と築堤の連続の湖西線で光線状態の良い場所はここしか思いつかず慌てて引き返しました。( ̄◇ ̄;)
駅のホームに駆け上がると朝の6時前というのに同業が。81貨物の人気ぶりに驚きましたがどうやら間に合ったようです。かつて冬の雷鳥撮影の頃によくお世話になったこの場所、久しぶりに見る超ロングなストレートは懐かしい限り。背景も鉄塔が多く、なんの変哲もないド編成写真ですが、朝日を浴びる81しかも今や貴重な旧文字体プレートの404号機に出会うことができました。)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/16(水) 20:45:09|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

輝きの祝福 4058レ


2014.7.12 湖西線 近江今津~新旭 4058レ(新潟タ発大阪タ行き貨物列車)
GZ4058 von Niigata nach Osaka. E-LOK:EF510-508 bei Kosei-Linie zwischen Oumi-imazu und Shin-asahi am 12.07.2014.

 遠い北国から夜を徹し走り続けてきた旅人。

 迎えた朝、梅雨の儚い晴れ間が出迎える。
 
 地平線を離れた太陽から輝きという名の祝福を受け、旅の最終章を綴っていく。




♪平原綾香「威風堂々」

(6月1日の撮影以来、梅雨で長い休鉄。今日は青空が期待できそうということで久しぶりの撮影へ。じつに1ヶ月半ぶりの復活です。(^_^;)通常の天気予報では晴れマーク続出ですが、いろいろなデータでは早朝が勝負ということで、昨晩早寝できたことを幸いに夜明け前の出発。道中、太陽が顔を出さず果たして曇っているのか晴れているのか区別がつかずヒヤヒヤしましたが、現地に着く直前に遠くの山の稜線から顔を出した太陽を見て雲ではなく青空と確定。前回の朝日キラリの4058レでしたが、今日も順当に流れれば青の508号機でもう少し南側で切ればギラリになるかもということで挑戦。接近戦は足元が雑草に埋没するため線路から少し離れて撮影。練習電もなく1ヶ月半のブランクが響いたのか後ろ串パンになってしまいました( ̄◇ ̄;)が、期待通りにギラってくれました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/12(土) 18:50:10|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 6

木立の祝福 ひたちなか海浜鉄道


2014.5.4 ひたちなか海浜鉄道 湊線 中根~金上 130列車(阿字ヶ浦発勝田行き)
RB130 von Ajigaura nach Katsuta. D-Triebwagen:KIHA205+ KIHA2004+KIHA222 bei Hitachinaka-Bahn zwischen Nakane und Kaneage am 04.05.2014.

 半世紀にわたり生き続けてきた旧型気動車。

 木立のアーチがその軌跡とこれからの前途を祝福する。

 新緑に染まる鉄路を越えて旅を続ける。


♪May J. / 『生きてこそ』Music Video(カヴァーAL『Heartful Song Covers』[3.26 Release] より)

(阿字ヶ浦で折り返す旧型を狙いに場所を移動。昨年も訪れた木立ポイント、今年も新緑が綺麗、黄色のキハ2004先頭の2両を待ちます。そして近くの踏切が鳴って姿を現した列車を見て腰を抜かしそうになりました。\(◎o◎)/!なんと先ほど那珂湊で休息していたキハ205が増結されて3両で登場!2両用の構図でセットしていたため、カツカツしかも3両目は思い切り隠れてしまい撃沈。( ̄◇ ̄;)ネモフィラHMの付いたキハ2004は結局撮れず終いで、中根の下車時に撮るのをサボったことが大いに悔やまれますが、非常にレアな旧型3両、帰りの観光客の急増に伴い急遽増結された模様でうれしい悲鳴となりました。(^_^;))

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/07(月) 20:40:36|
  2. 私鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 5

春色の風景を越えて ひたちなか海浜鉄道


2014.5.4 ひたちなか海浜鉄道 湊線 金上~中根 127列車(勝田発阿字ヶ浦行き)
RB127 von Katsuta nach Ajigaura.D-Triebwagen:KIHA222+ KIHA2004, bei Hitachinaka-Bahn zwischen Kaneage und Nakane am 04.05.2014.

 新緑の季節。

 青空と菜の花に彩られ、水を湛えた大地を颯爽と翔けていく。

 春色の祝福を受け、旅はつづく。


 ♪いきものがかり 『風が吹いている MUSIC VIDEO (Short ver.)』

(那珂湊駅からキハ2004に乗り中根へ。昼前でまだ観光地からの帰りには早い時間帯からなのか往路とは対照的にガラガラ、4人がけボックスを独り占めでゆったりと束の間の旧型キハの旅を満喫することができました。中根で降りて記念に乗車した列車の顔を撮ればよかったのですが、後で走行シーンを撮れるからと省略。これが後で後悔する羽目に。( ̄◇ ̄;)そして勝田で折り返してきた同列車の撮影。当然のことながら練習電もないのでぶっつけ本番、水田にどこまで映り込むか想定できないため水鏡はやめて、安全策で青空と菜の花重視ですがなんとかそれらしい雰囲気で収めることができました。(^_^;)このキハ222、1962年製で車齢52年と半世紀越えで現役最古の気動車、昨年は故障で一時期存続が心配されましたが、いま当たり前のようにしてこんな風景を走っているなんて奇跡としかいいようがありません。関係者のただならぬ労苦には感謝です。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/03(木) 21:16:05|
  2. 私鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 4

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (48)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (98)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (28)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR