FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

銀世界に吼える 3084レ


2013.1.13 室蘭本線 長万部~静狩 3084レ(札幌タ発名古屋タ行き貨物列車)
 
  厳冬の北の大地から旅立つ貨物列車の遥かなる旅。
 
  最初の走者RED BEARが雪煙を蹴立てて、まばゆばかりの白銀の世界に吼える。
 
  長い厳冬の鉄路の旅がつづく。
 
 
【撮影手記】
小幌・礼文で北斗5号を撮影後は、3059レ@稀府の予定でしたが、有珠山も望み薄であることもあり、もう一度この長万部へ戻ってきました。雪の量がこれだけあればどんな天気でも絵になるのと、3084レと94レの2本もDFが撮れること、いろいろお世話になったこの長万部でもう一度撮りたいと思いました。
そして両列車とも雪晴れで通過。最後に豪快な雪煙を蹴立てるDFに感動しました。
機会があれば四季折々に、この癒しの町に訪れたい、そう思い新千歳空港への帰路につきました。
これにて、北の大地の交響詩2013冬編、終了となります。
途切れ途切れになりましたが、長らくのご高覧ありがとうございました。
 
 

サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 20:27:28|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

なごり雪の季節 8865レ


2013.2.24 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 8865レ(稲沢発京都貨物行き配給貨物列車)
 
  長い冬のトンネルの出口も近づき、春近き季節。
 
  なごり雪に彩られた儚い雪景色を越えて、仲間を西に見送る旅は続く。
 
 
※今日は、雪の撮影と次の冬までお別れするべく、この地へ。
 長い冬のトンネルの出口もすぐそこ、昨日から降り続いた雪も温度が高く、もうなごり雪の季節です。
 これからは降ってもすぐに解けてしまい、撮影するのは困難と思い、惜別の意味もあって。
 今日は5087レは大幅遅延で来ないものの、この地は別の意味で惜別する人が多数で賑わっていました。
 それは東海の117系。貨物目当てだったので、この賑わいには驚きました。
 8865レ、今日は吹田か岡山に届ける64原色1014号機無動付き。
 これが伯備に入ってくれると嬉しいのですが。(^_^;)
 
 
  1. 2013/02/24(日) 20:48:10|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

冬のうた 3092レ


2013.2.16 北陸本線 南今庄~今庄 3092レ(新潟タ発福岡タ行き貨物列車)
 
  厳冬の日本海縦貫線。
 
  夜を徹し、ひたすら風雪厳しい鉄路を走り続けてきた貨物列車。
 
  吹雪が止んだ直後の静寂の凍てついた白銀の世界に冬のうたを奏でるように鼓動を響かせ翔けていく。
 
 
 
※先週は日本海縦貫線スジも遅延情報がなく定刻で運行している模様で、3096レのローピンヒサシ742号機に呼びよせられて、久しぶりに今庄へ。狙いは3096レと3092レ。
先月の長野行きの行路を思い出すと、なんと近くお手軽かと錯覚に陥ってしまいます。(笑)
雪の撮影のメッカとして有名な南今庄界隈、寝台特急日本海亡きあと、この界隈も閑散としてしまい、撮影者は週末でもゼロ、寂しくなったものです。
この今庄は鉄復帰前から、大雪のときはよく泊まりでドライブでよく訪れていて、(今は南越前町と町名が変わり、この南越前町は当時、河野地区など海岸沿いの町名であったので今でも馴染めません(-.-;))、雪の多さにはやはり惹かれてしまいます。3096レは雪好きでも参るほどの猛吹雪と見事なスカコキで撃沈。
そしてしばし休憩後、3092レ。待つ間、吹雪も強くなり、これもやはり撃沈かと思いましたが、吹雪が止んだと同時にトンネルからモータ音が響いてきました。そして美しい雪山や木立が姿を現し、それを背景に3092レが通過、なんとか収めることができました。(^_^;)この数秒後には今度は局所的に晴れてマンダーラ。
幸運にもわずかな好条件の瞬間を通過してくれました。
雷鳥や日本海亡きあと、初めて訪れた南今庄。その冬の魅力に改めて気づかされ、また新緑や紅葉の季節も貨物狙いだけでも再訪したいと思いました。
 
 
Kiroro/冬のうた
http://www.dailymotion.com/video/xrn85p_yyyy_music
 
 
  1. 2013/02/23(土) 10:57:34|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

冬の静寂を翔ける 北斗


2013.1.13 室蘭本線 小幌~礼文 5005D特急北斗5号
 
   北の大地の厳しい冬の束の間の休息。
 
   つかの間の晴れ間で静寂が支配する銀世界を特急列車が終着札幌へ向け翔けていく。
 
 
【撮影手記】
~北海道遠征記のつづき~
北斗4号を撮影後、車の脱出不能という思わぬハプニングで、予定なら十分に間に合った北斗5号ですが、
予定の撮影地を探す時間もありません。小幌トンネルへの道も雪に埋もれて撮影地探しは時間的に不可能。
並行する道路から見えるこのポイントでとりあえずスタンバイ。
すぐに5005Dが姿を現し通過していきました。側面に日が回りませんでしたが、きれいな針葉樹の山をバックに
これが撮れただけでもよかったです。助け出されなければここでの一枚はなかっただけに、助けてくれた除雪車の運転手さんには重ね重ね感謝です! 
 
 
Kiroro/冬のうた
http://www.dailymotion.com/video/xrn85p_yyyy_music
 
  1. 2013/02/20(水) 21:07:47|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

妻籠宿


 

 

2013.1.26 長野県木曽郡南木曽町 妻籠宿
 
  3084レ撮影後は、妻籠宿へ観光。
 
  江戸時代の中山道の要衝として栄えた全国でも有名な宿場町。
 
  大雪のせいか、観光客はほとんどおらず閑散とした雰囲気。
 
  雪かきをしていたおばあちゃん曰く、これだけ雪が積もるのも珍しいとのこと。
 
  原則、自動車の進入がなく、古い家屋が立ち並ぶこの雰囲気、たいていの人が感じる江戸時代
 
  に迷い込んだかのようというのはもちろんのこと、なぜか昔行ったドイツのバッハラッハやリューデスハイム
 
  といった古い町並みと共通した雰囲気を思い出させます。
 
  古きを大切にする心は全世界共通で、その思いはそこを訪れる旅人の心を癒してくれるような気がします。
 
  雪に佇む古い町並みは、変化の激しい現代社会を忘れ、心癒されるひとときを過ごすことができました。
 
  
 
  
 
  
  1. 2013/02/17(日) 10:19:49|
  2. Y雑記
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬を越えて 3084レ


2013.1.26 中央本線 野尻~十二兼 3084レ(南松本発塩浜行き貨物列車)

厳冬の山岳の鉄路。
 
激しく舞い散る雪が、その険しい山道をなお一層厳しい道のりに変えていく。
 
その厳しく険しい鉄路を、2台で手を携えながら、その鼓動を山々にこだまさせて越えていく。
 
 


1月26日土曜日、この週末がこの冬のピークということもあり、大雪を期待していました。当初は、米原付近で雪の貨物撮影と予定していましたが、大雪警報の発令されている木之本付近から雪雲が集中的に西へ流れ、南下する気配がありません。北上しても日本海縦貫線は遅延でスジが読めないので行くのが憚れます。そしてその雪雲の行く先の付近の木曽路の国道ライブカメラを見ると、まるで大館付近のような光景が。
ということで、急遽予定を変更してまさかの長野県まで。
道中、冬型が強いと雪が降ることの多い米原や関ヶ原も積雪なし。小牧JCTを過ぎて中央道に入ってしばらくすると白銀の世界へと変わっていき、高速を降りる中津川ICでは猛吹雪。南岸低気圧で大雪ならよくあることでしょうが、日本海側が大雪となる冬型の気圧配置ではこの付近は降ってもウッスラのイメージがあるだけに、これだけの大雪は驚きでした。
鉄道撮影では全く初めての中央西線、土地勘も全くなく、50cmほどの積雪に埋もれた中での場所探しは難航し、午前中に撮る予定だった3088レは撮り逃し。(TT)
初めて見るロクヨン重連は見る鉄に終わったものの、伯備線よりさらに急峻な山岳地帯を行く重連は迫力がありワクワクしました。
じつはこの日の本命は昼過ぎの3084レ。重連の前カマが原色1048号機の予定。
地元の美味しいお蕎麦と五平餅での早めの昼食後、この場所で3084レ。
寒く雪が降る中の大変な状況でしたが、関東から来られた方と楽しくお話しながらの撮影であっという間に待ち時間が過ぎていきました。
雪は止むことなく降り続き、通過するどの列車も豪快なパウダースノーの雪煙。
そして、少し遅れて3084レの登場。差し替えもなく1048号機を先頭にきれいな雪煙を見事に蹴立てて、重連で力強く走る姿は圧巻で感動し、お隣の方と喜び合いました。
片道300km、往復600kmという長距離を一日で運転したのは撮影では初めてで疲れましたが、ここまで来た甲斐がありました。
ご一緒しました方、いろいろとお世話になりありがとうございました。
 
 

ゲッダン★「promise」【最高音質】
  1. 2013/02/15(金) 20:50:17|
  2. Y中央本線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬を越え春に向けて 1071レ


2013.1.27 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 1071レ(東京タ発鹿児島タ行き貨物列車)
 
  東京から春近い南国鹿児島へ向けての貨物列車の遥かなる旅路。
 
  その長い旅路の途中、激しく舞い散る雪の中、厳冬の鉄路と化した関が原を寡黙に越えていく。
 
  厳冬を越え、春に向けての長い旅が続く。
 
 
 
SL北びわこ撮影前に、訪問した近江長岡。
一本目の8865レはなんと64-1000単機~orz.
二本目のこの1071レは通常EF210のところですが、EF200代走。
雪が激しく舞ったり、晴れたり曇ったりと変化の激しい午前中の撮影でしたが、滅多に見れないEF200の雪中走行が撮れたのは大きな収穫でした。
 

ゲッダン★「promise」【最高音質】
  1. 2013/02/11(月) 11:09:42|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

白銀の大地を越えて 北斗


2013.1.13 室蘭本線 長万部~静狩 5004D特急北斗4号
 
  厳冬の北の大地。
 
 
  風雪と凍てつく寒さが支配する厳しい天気の束の間、朝日に輝く白銀の大地を越えて旅を続ける。
 
 
 
【撮影手記】
1レ北斗星撮影後、急に晴れてきて後続の2051レはガングロ。
ということは、対向の西向きの列車の面に陽が回りそう。ということで、この近辺で撮影地を探しますが、どこも新雪がこんもりとして遭難確実。~爆
偶然見つけた、積雪が少なめ(といってもこれだけあれば十分ですが)のポイントを発見。近くに除雪で少し雪が盛ってあったスペースに車を止め、撮影。雪晴れの北斗4号、豪快に雪煙を上げて通過。
バックの雪山も姿を現して、満足のいく撮影をすることができました。
次は北斗5号、この近辺では全くの面つぶれになりそうと移動しようと車をバックで出すことに。
ところが、ここで思わぬハプニング発生。アクセルを踏んでもタイヤが空転して前にも後ろにも全く動けません。
スタッドレスタイヤは当然のこと、4WDをオプションでつけているのになぜ?
車体が軽くて雪に浮き上がってしまっています。軽自動車の話は聞いたことはありますが、普通車なんでそんなことはないと予想外でしたが、2日で全込7千円の格安車で車重が軽すぎたようです。(-.-;)
スコップもなく雪をかきだすこともできず、JAFを呼んで待つことに。
すると除雪車が通りかかって、スコップで雪をかきだしてくれて脱出してもられました。(^_^;)
脱出時には別のクルマも手助けしようと止まってくれました。
夏にも鍵の件でお世話になり感謝いっぱいでしたが、長万部、なんていい町なんだろう!
本当に心癒される町で、感謝の気持ちでいっぱいです。
このたびは、除雪車の運転士さんをはじめ、お世話になりました皆さま、大変ありがとうございました!
 
 

Celtic Woman - You Raise Me Up
  1. 2013/02/09(土) 09:23:28|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬の大地を越えて 北斗星


2013.1.13 室蘭本線 長万部~静狩 1レ寝台特急北斗星
 
  大都会東京から厳冬の凍てつく鉄路を夜を徹し、ひたすら北へ走り続けてきた夜行列車、寝台特急北斗星。
 
  厳寒の朝を迎え、厳冬の大地を越えて旅を続ける。
 
 
【撮影手記】
3061レの通過後、少し天気が回復。あまり回復しすぎて完全に晴れるとこの季節、面が真っ黒になるので、
少し明るい曇りがベスト。そして30分後、1レ北斗星の通過。
雪煙に包まれて、2灯のヘッドライトが近づいてくる姿は圧巻。
そして、こんな厳しい時に一人きりで撮影している姿を見つけて不憫と思ったのか、なんと運転士さんが
ピーっと汽笛を鳴らしてくれました!なんせ天下の1レ、あまりにもうれしく、これは最高の思い出となりました。
 
モニターも確認してこれはバッチリと嬉々としていましたが、帰宅してPCで見て少々ガックリ。(-.-;)
DDの面の中央に何やら黒い影、見ると機関のフタが開いている。~orz
こんなことはめったにないのですが、こればかりはどうしようもなく、来冬リベンジ必須です。
 
 
 
 
 
  
  
  1. 2013/02/08(金) 20:55:24|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

湖北の真冬を翔ける SL北びわこ


2013.1.27 北陸本線 河毛~高月 9243レ快速SL北びわこ3号
 
  前日からの大雪で一面の銀世界となった湖北の路。
 
  愛称ポニーのSLがその小さな車体から煙を上げて、大きな汽笛を轟かせ、力強く真冬を越えていく。
 
 
近江長岡で5087レをはじめとする雪の貨物列車が目的での訪問でしたが、撮影中、お隣の方と話をしていると
この日はこのSL北びわこの運転日とのこと、すっかり忘れていました。(-.-;)
米原から2駅も離れた近江長岡にもSL北びわこの米原発車時の汽笛がはっきりと聞こえてきて驚きました。
そして、その汽笛を聞くとSLに会いたい気持ちが高まり、5087レと続行の5085レを撮影後、予定を変更して木ノ本方面に北上。昼食もゆっくりとったこともあり現地到着も遅めの到着で、大多数の撮影者がスタンバイする中、とりあえず空いたスペースへ。下り練習電もないまま、対向の上りしらさぎで長さを想定、必死の構図合わせ。
全く近接する列車の時刻も把握していなく、前走りの新快速でも来たのかと思いきや、シュッシュッの音。
小雪舞う中、C56が煙を上げて青い客車を連ねてゆっくりと通過、なんとかきれいに収まってくれました。(^_^;)
やはり、SLの吐く煙と、シリンダーの音、大きな汽笛は心打たれます。
 
  1. 2013/02/07(木) 20:05:10|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬に吼える 3061レ


2013.1.13 室蘭本線 長万部~静狩 3061レ(広島タ発札幌タ行き貨物列車)
 
  遥か遠い山陽の地から長い旅を続けてきた貨物列車。
 
  深夜に旅立ち、1日目の朝を伊吹の地で迎え、そして2日目の朝を厳冬の北の大地で迎える長く厳しい旅。
 
  アンカーを務めるDFが、その咆哮を厳寒の世界に轟かせ、雪を蹴立てて終着に向けて越えていく。
 
 
【撮影手記】
8002レの後、続行の2082レを撮影し、1日目は終了。
日暮れの早い時期なので時間的に余裕があり、ゆっくりと2日目の目的地、長万部に向かいます。
途中、やはり稀府のラーメン竹よしに立ち寄り夕食。ディナー(笑)ということもあり、毎度のきのこラーメンに加え以前から気になっていた焼きめしを注文しましが、これがまた絶品、まさしく最高峰です。
そして8010レカシオペアと併走しながら長万部の街に到着。
ここでもいつものあのお宿へ。夏にマイカーの鍵の件で感謝の意を伝えるとすぐに思い出してくれて、いろいろな話に花が咲き楽しい時間を過ごすことができました。
翌朝はあわよくば8001レと計画していましたが、やはり予想通り大幅遅延。しかも秋田県内で抑止の模様。
ということでゆっくりと宿を出て、この3061レから。
この場所、有名撮影地ですが、除雪でこんもりと雪壁ができて、最近は誰も来た形跡がありません。
新雪だと雪の中にハマッてしまって遭難してしまいますが、除雪でできた雪壁なので比較的硬いので足場を作って撮影開始。前日からの大雪でクリスマスツリーと化した針葉樹バックは、夏に訪問したときとは全く違う厳冬のロケーション。そしてディーゼルサウンドと豪快な雪煙を上げて3061レが通過。
いろいろと雪の撮影をしてきましたが、これほどまでに豪快な雪煙は初めて。雪煙を上げるというより、雪煙のトンネル+列車が接近してくるという雰囲気は圧巻です。
 
 
 
 

ゲッダン★「promise」【最高音質】
  1. 2013/02/03(日) 10:57:17|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

遥かなる旅路、厳冬を越えて トワイライトエクスプレス


2013.1.12 千歳線 沼ノ端~植苗 8002レ寝台特急トワイライトエクスプレス
 
   厳冬の北の大地からの遥かなる旅路の序章。
 
   日本海縦貫線の夜の過酷な鉄路に向けての旅立ち。
 
   凍てついた鉄路に降り積もった雪を巻き上げて、厳冬を越えていく。
 
 
   
【撮影手記】
~北の大地の交響詩冬編のつづき。
8772レを撮影後、昼食で道の駅ウトナイ湖へ。秋に訪問したときは白鳥がいましたが、さすがは北海道、いまは完全に水面が氷結しています。
昼食後、8002レ狙いで植苗駅へ。しかし、ホーム先端は同業多数で満員御礼。3連休ということもあって、混んでいます。ということで再びこの地へ舞い戻ってきました。
ここは晴れると側面が潰れてしまうので、晴れないかとヒヤヒヤ恐れていましたが、曇り。
しかもうれしいことに小雪も舞ってきました。
そして8002レ通過。少ししか雪が降っていないのに雪を巻き上げてくれました。
北の大地のパウダースノー、さすがです!
しかも重連の前カマは1138号機、秋に乗車した2レ北斗星の先頭のカマで思い出深いカマ。
http://blogs.yahoo.co.jp/deutschesauto/31536943.html
いままで走行写真を一度も撮ったことがなかったカマだけにこれは大収穫。
しかも雪の中でのうれしい再会となりました。
(追記)
ここは人の足跡がない新雪が積もっていいいロケーション。小動物の足跡があって秘境めいています。
そして撮影待機中、真っ白な野うさぎが線路を素早く横切っていくのを目撃、思い出深い撮影となりました。   
 
 

ゲッダン★「promise」【最高音質】
  1. 2013/02/01(金) 06:50:33|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (111)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (103)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (10)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR