FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

銀世界を翔ける 5087レ


2013.1.27 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 5087レ(北旭川発梅田行き貨物列車)
 
  遥か遠い北の大地から厳しい冬の鉄路を走り続けてきた貨物列車。
 
  その旅の終盤、白銀の世界の祝福を受け、その車体を輝かせて翔けていく。
 
 
 
※この週末はこの冬最強の寒気到来。
 忙しく、さすがに疲れてしまいました。
 とりあえずは今日の5087レ。
 
 
 
 
Kiroro 冬のうた
http://www.dailymotion.com/video/xrn85p_yyyy_music
 
スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 22:03:28|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

遺言 日本海


2013.1.4 湖西線 マキノ~永原 8004レ寝台特急日本海
 
 
   2012年3月まで、40年以上にわたり風雪厳しい日本海縦貫線の鉄路を走り続けてきた夜行列車、
 
   寝台特急日本海。
 
   そしてその厳しい鉄路の旅の歴史を引き継いできた、臨時夜行列車。
 
   その儚い旅もいよいよ終着駅へと到着する。
 
   厳しくも長い歴史の最後を見送るかのように雪が舞い散る中、厳冬の鉄路に生きた証を遺言として
 
   残すかの如く、雪煙を立てて終着へと去りゆく。
 
   
 
本日、春の臨時列車について公式発表がありましたが、やはり「日本海」の文字はありません。
臨時寝台特急「日本海」もやはりこの年末年始の運行で最後と見込まれます。
これで1968年以来、44年にわたり日本海縦貫線を走り続けてきたこの列車の歴史も終焉となります。
 
 
さて撮影ですが、
1月4日、以北で108号機の日本海撮影後、1年前の定期時代と同じ感覚で追っかけで以南へ。
大雪でしたが、除雪渋滞にも巻き込まれることなくマキノへ。
やはり期待通りクリスマスツリー。予定していた場所は、アングル内に先客多数となるため、前方へ移動。
運良く前走りのサンダーが来て構図合わせもすることができました。そしていよいよ8004レ。
雪が降りしきる中、雪をたくさん屋根に載せたローピン81に牽引された青い客車。
シャッターを切って目の前を過ぎ行く「EF81 107」の文字を見て、これが最後と決心して感慨深くなりました。
107号機、3年前家族で日本海に乗車した4001レ日本海のカマで思い入れのあるカマ、
http://blogs.yahoo.co.jp/deutschesauto/18186147.html
しかも雪降りしきる中の屋根に雪を載せた姿を見て、これを最後としたいと思いました。
もうこれで本当に最後と思うと、しんみりと感慨深くなり、最後のカニの姿が視界から見えなくなるまでじっと見送り続けました。
 
車齢40年の車両だけに遅かれ早かれ近いうちに必ず「終わり」が来ます。
これも鉄道ファンとしてのエゴかもしれませんが、臨時化でいつのまにかフェードアウト、つまりアルツハイマー型の終焉はひとつの列車の歴史が終焉を迎えるという意味で悲劇と思っていました。 
そんな中、労組の広報誌に事前に廃止情報が掲載され、これで最後と感慨深く、しかも雪の中で感謝と別れを告げる場を与えられたのは幸いです。
 
 
寝台特急日本海、長い間お疲れ様でした。
 
 
                                ありがとう、そしてさようなら日本海、FOREVER・・・
 
  
 
 

イルカ 「なごり雪」
  1. 2013/01/24(木) 20:57:51|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬の夜明けを越えて 3082レ



2013.1.18 伯備線 上石見~生山 3082レ(伯耆大山発西岡山行き貨物列車)
 
  厳冬の山間の鉄路。
 
  雪が断続的に降り積もり、静けさが支配する夜明け前。
 
  その凍てついた静寂を、自らの鼓動を山あいにこだまさせ、汽笛を鳴らして越えていく。
 
 
一昨日、昨日と商用のため姫路へ。一昨日は午後からの商用であったため、AM半年休の直行コースを選択。
自宅でゆっくりしてからの出発を予定していましたが、あまりにも早く目が覚めてしまったのをいい機会に
大迂回。(笑)
新郷・足立のクリスマスツリーバックを目指しましたが、思いのほか着雪が少なく、ここまで北上。
現地着15分前でなんとか間に合いました。
昨年秋頃から64-0も51・59・61号機が引退し激減、伯備線の主役が激変、しばらく足が遠のいていましたが、久しぶりの訪問です。
8月から3084レが1000番台限定運用。この3082レも板情報もなく、何が来るか不明でしたが、やはり
1000番台。じつは1000番牛乳パック色は初めての撮影、64-0は去年までに十分に撮り尽くした感があるのでかえって新鮮です。主役は変われど、通過数分前から聞こえるモータの唸り音と直前の第4種踏切で鳴らす甲高い汽笛で高まる緊張感と興奮は変わらず、なかなか1000番台もいいものだと再発見させられました。
去年の3084レの0番台撤退以来、足が遠のいていましたが、この撮影地の魅力はカマが変わっても不変と改めて気づきました。
今までこの場所では、雪が少なかったり、多い時は吹雪となってホワイトアウトという条件ばかりでしたが、
ようやく厳冬らしい風景に出会うことができ、充実した朝のひとときを過ごすことができました。
   
  
 
広瀬香美 / promise
  1. 2013/01/20(日) 10:33:27|
  2. Y伯備線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬の大地を支えて 8772レ


2013.1.12 千歳線 沼ノ端~植苗 8772レ(札幌タ発本輪西行き石油輸送返空列車)
 
 
   厳冬の大地の生活を支える石油輸送列車。
 
   凍てつく厳冬の鉄路を今日も寡黙に走り続けていく。
 
 
【撮影手記】
南千歳での撮影後、途中8002レの候補地として植苗駅に立ち寄りロケハン下見。その後この場所へと急ぎます。着陸直前のフライトの窓から、結構雪が残っているように見えたので。
前回訪問時に見つけた場所なのですが、どういうルートでたどり着いたか忘れたので、カーナビに目的地として設定。しかしながらこのカーナビ、脇道を通るように指示してなんだか様子が変。
普段カーナビを使うことがないだけに不慣れなせいかもしれません。
それに気をとられたのか、大きな道路との信号なしの交差点に気づくのが遅れ、強ブレーキ。
しかし白い圧雪路と思っていた路面は実は凍結路。あれ、止まら~ん!!!
ABSフル作動。なんとか止まって目の前を大型トラックが横切って久しぶりにヒヤヒヤ。
いや~危ない、危ない。やはり北海道の凍結路恐るべし!気を引き締めてこの場所に到着。
目的はDF牽引の石油輸送列車。これも室蘭の製油所の先行きが不透明なだけに存続が危ういとのことで
今回は収めておきたかった列車です。
牽引DFはうれしいことに初期型の赤スカートDF。ドイツMTU社製エンジン搭載のカマで、ドイツ好きな自分にとってはうれしいプレゼントとなりました。
 
   

ただ泣きたくなるの・・・
  1. 2013/01/17(木) 18:48:35|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

冬色の大地からの旅立ち 3056レ


2013.1.12 千歳線 美々~南千歳 3056レ(札幌タ発隅田川行き貨物列車)
 
   白銀の地、冬枯れの樹木、鉛色の空。
 
   冬色に染まった北の大地からの旅立ち。
 
   いま、大都会に向けての遥かなる旅がはじまる。
 
 
【撮影手記】
下り貨物列車の撮影でスタートを切った、北の大地の交響詩・冬物語。
数分後にはこの3056レということで、カメラを180度回転。(笑)
ここでは雪まみれの台車が当然の雰囲気。自分の住む街では到底考えられない世界です。
今更ながら気づいたことですが、バラストの積雪が少ない。
これは溶けたわけではなく、積もってもあまりのサラサラ雪で風が吹くと飛ばされてされてしまう、レールの間には摩擦熱や列車のディーゼル機関の熱やらで溶け出した雪がまとわりついて凍りつく、現地の雪を見るとそんなことが想像されます。  
 
 
 
※1月9日発売の2ndシングル、10月のお台場でお会いした時に発表のあったこの歌。
熱烈なファンからは、「絶対買うよ~!」と大歓声、まだどんな歌かわからないのにと疑問に思っていましたが、
披露されるとなんともいい歌。「無人駅」が全くの演歌であるのに対し、この新曲は歌謡曲の色合いが強く、
旅情と哀愁漂う歌に仕上がっています。

[演歌] 岩佐美咲「もしも私が空に住んでいたら」2013年1月9日発売
  1. 2013/01/15(火) 20:39:47|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬の北の大地へ


2013.1.12 千歳線 美々~南千歳 ****レ(DF200牽引貨物列車)
 
  北の大地の冬。
 
  降り重なった雪と凍てつく寒さで白銀の世界と変貌する。
 
  凍てつく鉄路を長駆走り続けてきた貨物列車が残り僅かな道のりを踏みしめて越えていく。
 
 
 
【撮影手記】
この3連休の初日は伊吹界隈で雪山詣でに出かけようと計画していました。
しかしながら数日前からのあらゆる予報データから、西日本は天気が芳しくないとの予感。
雪があれば曇ってもOKですが、この冬は西日本に関してはここ最近の厳冬傾向と異なり雪が非常に少ない傾向。あの今庄でさえも積雪ゼロ。北冷西暖、そうなら北へと突如思いついた北海道行、1泊2日のミニコース。
運良くLCCの格安枠が残数1で促されるようにとりあえず予約。
北の大地の厳冬、何しろ未知の領域。雪好きですが、さすがにここまでの厳しい凍てつく寒さに耐えられるか、ブラックアイスバーンに代表される凍結路を無事に運転することができるか、メインとなる室蘭本線は太平洋側だけに積雪が期待できるか?、さまざまな不安が交錯し、直前まで行くかどうか迷い、航空券を購入したのは搭乗日前日の締切30分前。とりあえず出発することにしました。
神戸0805-SKY171-0955新千歳
新千歳空港着陸直前の上空から、苫小牧・千歳付近の積雪状況を確認。
とりあえずはなんとか雪はあるようです。(-.-;)空港に降りても覚悟したほどの酷寒ではありません。
レンタカーを借りて、まずはこの場所へ。
秋の訪問時は1レに間にあったので味をしめて再訪。
前回はフライトが10分早着だったのですが、今回は5分早。もう間に合わないとあきらめていましたが、スジにはない貨物列車が並行する道路から見えたので少し期待。
現地には1レの時刻に到着。しかしほどなくして姿を現したのはこの貨物列車。
このあとの1レは陽が差して、ガングロとなってしいましたが、この大好きなDFとの再会、しかも雪の中でとは嬉しい限り。
 
初めての公演となる「北の大地の交響詩 冬物語」のはじまりです。
 
 
 
 
  1. 2013/01/14(月) 11:23:30|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬を越えて終着へ 臨時日本海



2013.1.4 北陸本線 今庄~湯尾 8004レ寝台特急日本海
 
  43年にわたり冬厳しい日本海縦貫線を走破し続けてきた寝台特急日本海。
 
  そしてその終焉後、その遺言を引き継ぐかのごとく運転されてきた臨時日本海。
 
  風雪に打たれながら夜を徹しひたすら走り続け、凍てつく夜明けの鉄路を終着へとひた走る。
 
 
 
【撮影手記】
2013年撮り始めとなります。
このたびは妻の入院に際し、数多くのお気遣いのお言葉本当にありがとうございました。
おかげさまをもちましてこの2日に全くの予定通り退院となりました。
今日4日は大雪の予報。かねてからこの日は気になっていましたが、妻の回復運転に遅延が出ればあきらめる予定でしたが、見事定刻運行。昼までに帰ってくるので行っていいかとお願いしたところ快くOK!
貨物をのんびり撮りたいところですが、年末年始運休期間です。
ということで、大変な激パ必至覚悟で、臨時日本海に出会いに行きました。
臨時列車については廃止が決定してもプレスリリースがありません。
某巨大掲示板からリンクした内部文書には決定的な記載が、・・・この冬の運行が最後となるかもしれません。
前日の夜、自宅で少し眠ってから出発する予定でしたが、道路ライブ映像で映し出される、粉雪と真っ白な路面を見てしまうとワクワクして全く眠れません。ということで前倒しで出発。道中、鵜川付近は凄まじい吹雪。
敦賀まで時折、追っかけポイントの雑草具合をチェックしながら真夜中に現地着。
最初にこの場所に到着するも、+80分との遅延情報。もし晴れてしまうと側面に日が当たらないということで
湯尾カーブに変更。一番乗りを確保しましたが、よく考えると8004レは遅延しても直江津や糸魚川で長時間停車があるので回復可能。4002レの感覚が抜けません。(-_-;)湯尾カーブも裏かぶりのリスクが高いことを考え再びこの場所へ。またまたマンダーラになってしまったことを考えてしまい再び湯尾カーブへ。
するとすでに先客が、しかも定番アングルより手前ということで、やっとこさ迷い心が消えこの場所に決心がつきました。(-_-;)というわけで、現地で仮眠するつもりが全くの完徹。
結局、恐れた大激パも妄想に終わり、逆アングル2名、当地他1名という非常に閑散とした雰囲気で8004レの時刻。
背景の雪山も姿を現し、踏切が鳴り、カンに着雪して台車が雪まみれ、豪快に雪煙を上げて8004レ通過!
いや~さすがにシビレました!撮影で完徹したのは初めてでしたが、疲れも吹っ飛んでしまいました。
2013年撮り始め、思い出に残る幸先のよいスタートとなりました。
  
 
 
広瀬香美 / promise
  1. 2013/01/04(金) 19:46:53|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

2013年、未来に向けて 5085レ



2012.12.10 東海道本線 大垣~関ケ原 5085レ(仙台タ発広島タ行き貨物列車)
 
    東北から山陽に向けての遥かなる旅路。
 
    そして、東日本大震災、阪神淡路大震災、戦禍からの復興の軌跡を辿るような長い旅。
 
    降りしきる雪の中、未来へのプレゼントを届けるがごとく寡黙に冬厳しい道のりを越えていく。
 
 
 【謹賀新年2013】
  新年あけましておめでとうございます。
  旧年中は何かとお世話になりありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
  2013年ということで、大好きなカマEF210の13号機でのスタートとさせていただきます。(^_^;)
  去年の12月10日の撮影より。雪の降り方もちょうどよく、雪煙を蹴立てて走る桃貨は感動的でした。
  EF210の深い青色と長い車体は魅力的で、昨年後半から自分にとってコレが主役となっています。
  今年も引き続きコレが主役となるとは思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
  
   
 
 
Will...~未来へのプレゼント~
  1. 2013/01/01(火) 11:12:13|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (111)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (103)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (10)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR