FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

年越しに向けて 2062レ


2012.12.10 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 2062レ(福岡タ発宇都宮タ行き貨物列車)
 
   2012年師走、残すところあとわずか。
 
   今年の大役を終えたかのように、空車目立つわびしげな貨物列車。
 
   いま、ゆく年に向けて風雪厳しい鉄路を越えていく。
 
  

[演歌] 岩佐美咲 「無人駅」 2012年2月1日発売!
 
※2012年最後の更新となります。
 今年も残すところあとわずかとなりました。
 この2012年は、自分にとっては、大きな節目の年となりました。
 まずは、いうまでもありませんが、寝台特急日本海の終焉。
 旅情と哀愁漂う最後の列車だっただけに、大変惜しいものでありました。
 思いを馳せる列車の消滅といったところでしょうか。
 そんな中、去年の10月頃から4002レの撮影帰りに立ち寄るようになった米原・関ケ原地方。
 最初は快晴の伊吹山バックの貨物列車に惹かれて立ち寄り、メインもEF65PFの5087レと捉えていました。
 しかし、今年の初めからEF210を撮る機会が多くなり、日本海が終焉してからは、国鉄型に勝手ながら興味
 がなくなり、今ではすっかりこの桃の虜になっています。(^_^;)
 緊張を強いられる日本海の撮影後に、この地方に頻繁にやってくる桃貨をのんびり撮影していると、これが
 趣味なんだな~と実感してしまいます。北の大地でDF200を撮る感覚と重なって、この地での撮影が今や
 自分にとって最大のリフレッシュとなっています。
 日本海の終焉には、いろいろと考えるところがあって、これが自分なりの結論です。
 なぜ山に登るのか、それは山があるから。→なぜ撮るのか、それは走っている列車があるから。
 いわゆるネタ車のように「走らされている」列車よりも、当たり前に「走っている」列車のほうが魅力的に思えて
 ますます激パから遠ざかっています。(-_-;)
 加えて、EF210のフォルムと色合いは素晴らしく、今や近場で撮影可能な中での最高の被写体です。
 今年はこのように日本海→桃貨へとシフトし、3月以降、四季を翔ける貨物列車をメインに撮影してきました。
 3月の改正までは日本海終了後はどうなるかと思いましたが、北の大地でさまざまなことを教わったおかげで
 難なく被写体を転換することができました。
 その北の大地も今年は2回訪問、駒ヶ岳バックに晴天下でDF貨物を見送れたのもいい思い出で感謝です。
 
 私事ですが、この年末に妻が手術を受け、入院生活での越年で、撮影に行ける状態ではありません。
 越年寒波が来るようですが、貨物は運休、撮りたい列車は運行していないのが幸いです。(-_-;)
 今のところすこぶる順調に回復していますので何卒ご心配なく。
 今年、東北・北海道遠征の許可を出していただいた妻にも大変感謝しております。(^_^;)
 
 今年最後の一枚はその桃貨、風雪版に今年の思い出の歌を添えて。 
 
 最後に皆様へ。
 今年も大変お世話になりありがとうございました。来る新年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 それではどうぞよいお年をお迎えください。
 
                                                   2012年12月30日
 
                                                         Nachtzug
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/12/30(日) 21:16:05|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

White Christmas 5087レ


2012.12.24 東海道本線 醒ヶ井~米原 5087レ(北旭川発梅田行き貨物列車)
 
   遥か遠い北の大地からの貨物列車5087レ。
 
   北の国からのクリスマスプレゼントを届ける使者かのように、大都会へと向けて
 
   白銀の世界を翔けていく。
 
 
※Frohe Weihnachten!
 メリークリスマス!
 今日は運よく休日と寒波が重なったので、雪の多そうな地方へ。
 今年もなんとかホワイトクリスマスを迎えることができました。(-_-;)
 今日の貨物列車は遅延に翻弄されて撮影地を転々、この5087レが当初2時間遅れとの情報でゆっくり
 別の列車を狙うべく、もっと北へ向かっていましたが、その後1時間遅れに短縮との情報で慌ててこの場所へ。
 今回の寒波は一過性で朝のうちまで降雪がありましたが、その後は全く降る気配なし。
 面が厳しいところですが、この冬初めての雪晴れに遭遇。
 すぐ右手には雲の影が。正直アカンと思いましたが、危機一発回避(-_-;)
 とはいえ、そんな小さなことが吹き飛んでしまう降雪直後の美しい雪晴れ、うれしいクリスマスプレゼント
 となりました。
 
   
 
ジングルベル・ドイツ語版
Michelle - Schlittenlied (Jingle Bells)
  1. 2012/12/24(月) 17:57:37|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

聖夜に向けて 5084レ


2011.12.17 東海道本線 柏原~近江長岡 5084レ(西岡山発東京タ行き貨物列車)
 
 
    師走の寒波で白銀の世界に彩られた湖国の地。
 
    静寂に包まれた夕暮れ時の雪の鉄路を、聖夜に向けて貨物列車が翔けていく。
    
 
 
 
※1年前の撮影より。
  もう1週間もしないうちにクリスマス。
  去年の12月は定期日本海も最後の運行、しかも相次ぐ寒波の襲来で雪が多く撮影に奔走、これを掲載
  する機会も失っていましたが、今年は寒気の回数も少なく、正直マイペースでホッとしています。(-_-;)
  ここ数日で予報が変わってきて、今年のクリスマスは一過性の寒気がやってきて、日本海側は
  ホワイトクリスマスになりそうな気配。(^_^;)
 
  確かこのときは雪が降ったりやんだり、撮影時は雪が止んでいました。
  雪が積もって静まり返った世界を、貨物列車が音を立てて通過していきました。
     
 

Angela Wiedl - Stille Nacht, Heilige Nacht 2007
  1. 2012/12/19(水) 20:21:13|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

雪の鉄路を越えて 5087レ


2012.12.10 東海道本線 大垣~関ケ原 5087レ(北旭川発梅田行き貨物列車)
 
 
   冬厳しい道北から長い旅を続けてきた貨物列車5087レ。
 
   遥かなる旅路の終わり、最後の難所となる関ケ原を越えていく。
 
   それまでの厳しく長い旅を物語るかのように続く雪の鉄路を終着へ向かう。
 
 
 
※近江長岡での5060レ撮影後は、県境を越え岐阜県へ。
 そして以前から気になっていたこの場所へ。晴れると5087レは面が厳しいのですが、狙いは無論、風雪。
 晴れてしまったらの保険もかねて。
 雪が降りしきる定刻に姿を現したのは、続行スジの5085レ桃。せっかくのいいコンディションだったのに。(TT)
 少々ダイヤが乱れているようです。雪桃も今回の目的のひとつなのでこれもいいのですが。
 そして20分ほど遅れて陽が差しているのか差していないのか何とも微妙な状況で通過。(-_-;)
 それにしても雪の世界で見るPFは貴重であり新鮮です。
 ここで、もう一本桃貨を撮影して、再び近江長岡の撮影ポイントで雪桃三昧。(^_^;)
 風雪厳しい中での撮影で、体力が経年劣化していることを思い知らされましたが、充実した雪中撮影と
 なりました。
 
 まだ確定的なことはいえませんが、この年末まで今回のような顕著な寒気の南下の兆候は認められません。
 来週半ばとクリスマス前後に一発寒気があるものの、今回ほど強くはない様相です。
 総じてこの年末は暖くなる予感、年内の雪中撮影もこれで終了と淋しくなりそうです。(-_-;)
 
    
 
 

冬のファンタジー/カズン【歌詞付】
  1. 2012/12/16(日) 09:38:36|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

冬の序章 5060レ



2012.12.10 東海道本線 近江長岡~醒ヶ井 5060レ(広島タ発札幌タ行き貨物列車)
 
  北の大地へ向けての遥かなる旅路。
 
  これから待ち受ける冬の試練を前に雪降りしきる夜明けの鉄路を寡黙に越えていく。
 
  厳しい冬の長い旅がはじまる。
 
 
※この週末は土日とも出勤日で、今日一日だけ振替をいただき伊吹界隈へ。
いよいよ待ちに待った、Snow seson!
およそ9カ月ぶりの雪との再会に感激。
しかし、風が強く、カメラを守る傘を持つのに必死、手も凍えて、傘も壊れて予備投入と予想以上の難航ぶりでしたが何とか撮ることができました。(^_^;)
疲労も昨冬より大きく感じるのも風が強いせいか、年をとったせいか。(-_-;)
 
 
この冬のはじまりは、5060レで。
この列車、東京から名を3061レと変えて札幌へ向かう貨物列車。
この夏、北海道の静狩クロスでDF200牽引の同列車と対面しただけに、感慨深いものがあり、
貨物列車の壮大な旅のスケールに思いを馳せてしまいます。
朝早くの時間帯で木々の着雪も美しい中、EF210に牽引されて北の大地を目指して駆け抜けていきました。
 
 
 
 
広瀬香美 / promise
  1. 2012/12/10(月) 21:48:56|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

感動の風景を越えて 3084レ


2012.8.8 函館本線 七飯~大沼 3084レ(札幌タ発名古屋タ行き貨物列車)
 
 
   北海道から本州へ向けての貨物列車の遥かなる旅路。
 
   長い旅の序章、まもなく訪れる北の大地との別れを惜しむかのように駒ヶ岳が見送る。
 
   感動の風景を越えて遥かなる旅はつづく。
 
 
北の大地の交響詩2012、最後はこの一枚で。
今回の旅で、静狩クロスでのDD重連夜行やDF貨物が念願どおりに撮れたのもいい思い出となったのですが、
ここでDF貨物を収めることもかねてからの夢でした。
今回、ヌプリ通過後、駒ヶ岳の全容が姿を現し、右の山に影落ちがあったものの、真夏らしいメリハリのついた
青空の晴天下で、この3084レを見送ることができ、この夏一番の思い出となりました。
 
今回の遠征を総括すると、
 DD重連夜行:5勝2敗(71%)
 DF貨物列車:7勝3敗(70%)
 183系特急:4勝1敗(80%)
と撮りたい被写体について合計16勝6敗で73%、大変恵まれた成果となりました。
 
2009年以来、年1回の定期公演となった北の大地の交響詩。
今年は、成果が芳しくないものの秋にも特別公演を行い、年2回となり4年目を迎えることとなりました。
4年目になっても、その感動の風景は色あせることがありません。
今後も永遠のテーマとして、来年以降も続けていくことができればと思います。
 
これで2012年本編は終了となりますが、ネタキレの際などには番外編も掲載していきたいと思います。
このたびは、秋口にパソコン機器故障という事態で長らくの中断を挟んだため、師走のこの時期までの掲載となってしまいましたが、長らくのご高覧ありがとうございました。
 
最後に北の大地を走る道中で、リピートしたBGMで終わりたいと思います。
ご存知のように、この夏のロンドン五輪テーマソングですが、自分にとってはこの歌詞のように叫びたくなる青空と風景とともに、この旅のテーマソングとなっています。(^_^;)
 
いきものがかり 風が吹いている
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08410/v0993900000000545107/
  1. 2012/12/02(日) 11:11:23|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

感動の終章 2050レ


2012.8.8 室蘭本線 長万部~静狩 2050レ(札幌タ発仙台タ行き貨物列車)
 
   
  北の大地の交響詩夏編最終章。
 
  RED BEARを先頭にした本州へ向けての長距離貨物列車。
 
  咆哮につづく威風堂々たる長大編成が過ぎ去る音が、夏の感動の終わりを告げる。
 
 
【撮影手記】
大沼公園での撮影後、途中森の道の駅でお土産を買い、ひたすら帰路を新千歳空港へ向けて走り続けます。
途中、連絡を下さった長万部の宿に立ち寄り、マイカーの鍵を受け取り、深く感謝の言葉を告げて、帰路に戻ります。こうして帰路を走る間にも、天気は悪くなる一方。青空は期待できませんが、陽は望めそうなので前日
8002レを収めた場所に停車。8002レを撮っていては、帰りの飛行機に間に合いませんので貨物だけ。
もう天気の崩れも急速で、あきらめかけましたが、なんとか陽がさしてくれて、これがこの旅のラストカットとなりました。その後、一路新千歳空港へ。道中は雲がどんどん押し寄せてきてもし時間があっても8002レは撃沈の様相、最後の一枚、晴れで〆ることができて感慨深い旅となりました。
そして新千歳空港20:15-SKY908-22:25関西という行程で帰り着いたのは午前様となりました。(-_-;)  
 
 
 

蛍の光
  1. 2012/12/01(土) 17:15:51|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (111)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (103)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (10)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR