FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

緑深い北の大地を翔ける DF200


2012.8.7 室蘭本線 長万部~静狩 ****レ(DF200-61牽引貨物列車)
 
  夜を徹し闇の鉄路を走り続けてきた貨物列車。
 
  そしてこの長旅のアンカーを務める新時代の北の主役RED BEARことDF200。
 
  今、朝日に輝き、緑深い北の大地を未来に向けて走り続けていく。
 
 
 
【撮影手記】
カシオペア、トワイライトと夜行列車が立て続けに走り去った後も北の大地のスター競演が続きます。
それはDF200形式ディーゼル機関車牽引貨物列車。
このカマ、重厚で迫力があってこの丸屋根。DD重連夜行も楽しみなのですが、このDFに頻繁に出会えるのが北の大地を訪問するもう一つの大きな楽しみなのです。
去年は地震によるダイヤ崩壊で貨物が来ず、寂しい思いをしましたが、今年は遅延が少しあったせいか予定より1本多い貨物のオマケ、合計4本のDF200貨物と会うことができました。
8001レの続行で来る貨物は予想外に短編成で、慌ててカメラを右に振ってカツカツ構図&前方空コキ。
なので2番手の8時頃に通過したこの貨物列車を。
もうひとつの主役のDFもこの壮大なスケールの場所で無事に見送ることができ、この旅の目的の大半を達することができました。 
 
 
あなたの腕の中で
スポンサーサイト
  1. 2012/08/27(月) 20:47:16|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

秋近づく 1059レ


2012.8.25 東海道本線 能登川~安土 1059レ(越谷タ発福岡タ行き貨物列車)
 
  稲穂が色づき、トンボ飛び交う湖国の田園地帯。
 
  東から西への長い旅の途中、秋の気配を感じて、ひたすら西へ向かう。
 
 
 
※昨日は用事ついでにここで撮影。
 学生時代、大学の近くにあった美味しいラーメン屋が随分前にこの近くに移転。
 一度訪ねてみたいとかねてから思っていました。
 昼過ぎまでここで撮影した後、ここで食べるのを楽しみにしていましたが、ナント行列の大激パ。
  昔は学生の常連さんばかりでガラガラ、こんなことなかったのに。
 諦めざるを得なかったのは残念でしたが、ここで秋の気配を感じることができました。
  
 
 
  1. 2012/08/26(日) 14:12:20|
  2. Y東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

遥かなる旅のフィナーレ トワイライトエクスプレス


2012.8.7 室蘭本線 長万部~静狩 8001レ寝台特急トワイライトエクスプレス
 
  大阪から北の大地への1500km、22時間に及ぶ遥かなる旅路。
 
  夜を徹し日本海縦貫線をひた走り、そして北の大地で迎えた朝。
 
  その長い旅のフィナーレ、まばゆいばかりの朝日に迎えられ終着の札幌へとひた走る。
 
 
 
【撮影手記】
8009レカシオペアの続行の8001レトワイライトエクスプレス。
関空を発った3時間後に大阪を出発した列車をこんな場所で迎えるとは何とも感慨深くなります。
こちらも太陽の風上には雲なし。安心しての撮影。(^_^;)
早朝の夜行列車二大共演、どちらも晴天下で見送ることができました。
 
 
 
 

【期間】平原綾香「My Road」Music Video【限定】
  1. 2012/08/24(金) 21:47:07|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Blessing~祝福~ カシオペア


2012.8.7 室蘭本線 長万部~静狩 8009レ寝台特急カシオペア
 
 
  大都会東京を発ち、ひたすら北へ北へ夜を徹し走り続けてきた夜行列車、寝台特急カシオペア。
 
  そして迎えた朝、まばゆいばかりの朝日が北の大地への旅人の前途を祝福するかのように出迎える。
 
  憧れの北の大地で祝福を受けて旅はつづく。
 
 
【撮影手記】
8002レ撮影後は、去年もお世話になった鉄な宿で宿泊。
翌朝、今回の旅の最大の目的地であるこの地へ。
過去の気象データを解析すると、夏の季節、夜行が走る朝の時間帯この近辺は1カ月に3日程度しか晴れない至難の地。それは4001レの鹿渡の比ではない難しさ。
現地に着くと市街地のほうは雲は多いながら、こちらはカラッとした晴れでコンディションはまずまず。
そして迎えた8009レカシオペア、ゲリラ雲に翳られることもなく最高の光線状態で通過していきました。
昨年夏マンダーラ攻撃を受けた8009レ、これで一年越のリベンジを果たすことができました。
 
   
 

BLESSING 祝福 by 平原綾香 Ayaka Hirahara OMV.wmv
  1. 2012/08/19(日) 10:31:35|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

夏休みの思い出 北近畿タンゴ鉄道


2012.8.18 北近畿タンゴ鉄道宮津線 丹後由良~栗田 2325Dタンゴ悠遊1号
 
  真夏の丹後の鉄路。
 
  海を見ながら夏休みの思い出を乗せて、列車は走り続ける。
 
 
 
 
※今日は連日の疲れもあり、家で北海道遠征のRAW現像でもしながらゆっくりと休む予定でしたが、
  妻から「どこかに連れてって」との言葉。
  普段は全くの出不精でピアノ講師で練習などに忙しい妻からこんな言葉を聞いたのは初めてです。
  そういえば、都合が合わないので家族旅行はこの夏はなし。
  これはマズイな~。
  ということで急きょ丹後へ。
  道中、少し寄り道してスキ鉄。久しぶりに見る大海原の絶景に妻ものんちゃんも感動していました。
  そしてすぐさま目的地の天橋立へ。
  リフトに乗って山頂へ。そしてそこから見る青空の下の天橋立の景色、山上遊園地、スナップ写真。
  もう終わりの近い夏休みの忘れ物を見つけることができました。
  
  
 
  
  1. 2012/08/18(土) 22:01:21|
  2. Y雑記
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

晴れ渡った空に翔ける トワイライトエクスプレス



2012.8.6 室蘭本線 長万部~静狩 8002寝台特急トワイライトエクスプレス
 
  北の大地からの遥かなる旅路の幕開け。
 
  夕陽に向かって走りゆく夜行列車、トワイライトエクスプレス。
 
  今、晴れ渡った空に重連DDの咆哮を響かせながらその旅を続ける。
 
 
【撮影手記】
北舟岡では2050レを撮影中も、爆雲が急速に発達。太陽スレスレで冷や汗ものでした。
1時間後の8002レトワイライトエクスプレスも北舟岡と計画していましたが、雷も鳴り始め、これはヤバいと思い、急きょこの地へ逃避行。
こちらはまだ安定した空模様でしたが、時折爆雲も。
前走りのスーパー北斗は曇られ撃沈でしたが、本チャンの8002レは最高の光線状態に。
この日は天気の回復がまだ宿への送り込み回送のみと諦めていただけに、2カットも撮れてうれしいサプライズとなりました。(^_^;)
  
 
いきものがかり 『風が吹いている』
  1. 2012/08/15(水) 20:33:24|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

スタートライン  2050レ



2012.8.6 室蘭本線 北舟岡 2050レ(札幌タ発仙台タ行き貨物列車)
 
  貨物列車の壮大な旅の始まり。
 
  いま、晴れ渡った空に祝福され、海風を受けながらその旅を続ける。
 
 
【お知らせ】
日頃からご愛顧いただいております皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんでした。
深くお詫び申し上げます。
また、心温まるメッセージや励ましのお言葉、本当にありがとうございました。
ひとえにこのブログも皆様のご厚意で成り立っているものと改めて思い知らされ、感謝の気持ちで一杯です。
新たにブログ名「鉄路の交響詩」として再出発しますので、よろしければ今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
先々週、天気と都合が合いそうな頃合いを見計らって北海道遠征のため、急行はまなすで現地入りするも待っていたのは回復の見込みのない空。これはアカン見込みなしと急きょ南千歳で下車。わずか2時間の滞在、カメラを出すことなく晴れの期待できる羽越へ空路逃避行しました。飛行機から空を見ると道南は高層も低層も雲だらけ。前線のようなものが形成されて滞留するとは予想外でした。そして秋田に着陸。しかしここで見たのは青空というより青白い空、しかも目指していた鳥海山は雲の中。
いったい大金を投じてここまで何をしに来たのか。賭博性が高くストレスの溜まるこんな鉄道撮影の趣味はもう自分には耐えられない、連日の疲労困憊もあってかそんな考えが沸き起こり、鳥海山バックの撮影を最後に鉄道の世界から離れようと決意しました。最後は晴れてくださいと願いが通じたのか、鳥海山も姿を現し、筋雲が多いながらも晴天下で目的の貨物列車をなんとか見送ることができました。
諦めていた鳥海山が姿を現したことに感謝の念が高ぶり、帰路涙が溢れてきてしまいました。
そしてその日のうちに逃げるように帰宅しました。
翌朝、目が覚めて疲れがとれると天気の読みを大幅に見誤った悔しさと何もやり甲斐のあるものがない現実に対する虚しさが沸き起こってきました。
そんな時、見てしまった気象予報資料。気圧配置、風向きともに最高の条件。
幸いにして仕事に打ち合わせや会議がなく、お盆後半から始まる繁忙期の嵐の前の静けさ。
このままウジウジした人生を送るか、再び挑戦するか、直前まで迷いに迷いましたが、
「今しかない」
そう思って再び旅立ちました。
 
 
直前でも割安なスカイマーク関空便で空路、新千歳へ。
飛行機から見ると雲はまだ多めですが、前回と明らかに違うのは高層に雲が全くないこと。
到着しても曇り主体ですが、ところどころ日がさして期待感が高まってきました。
そして最初はやはりこの地、北舟岡へ来てしまいました。
ここは自分の北海道撮影始まりの地でもあり、大変思い入れのある場所です。
まずはこの地にご挨拶。
 
北の大地の交響詩2012のはじまりです。
 
 
 
【スタートライン】by 平原綾香☆~明日へ~
  1. 2012/08/11(土) 09:03:21|
  2. Y北の大地の交響詩
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

最後の一枚 4094レ


2012.8.2 羽越本線 本楯~南鳥海 4094レ(札幌貨物タ発名古屋貨物タ行き貨物列車)
 
 
  真夏の昼下がりの庄内平野。
 
  雄峰、鳥海山と入道雲に見送られ、真夏の風の中を遥かなる旅は続く。
 
 
 
 【お知らせ】
    いろいろと考えることがあり、鉄道の世界から離れることとなりました。
  この撮影をもちまして最後の一枚となりました。
  勝手ながらこのブログもこれをもちまして終了とさせていただきます。
  今まで当ブログでお世話になった皆様、今まで本当にありがとうございました。
  皆様のこれからの健康とご多幸をお祈りしまして最後の言葉とさせていただきます。
  それでは、さようなら。 
 
                                             2012年8月3日
                                        
                                                Nachtzug
                                             
 
 
 
 
 

いきものがかり 『風が吹いている』
  1. 2012/08/03(金) 11:25:08|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (111)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (103)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (10)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR