FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

「こうのとり」へ向けて進行! 北近畿


2008.12.26 福知山線 藍本~草野 3011M特急北近畿1号
 
  冬の丹波路。
 
  うっすら積もった雪の中を運転士の「進行!」の喚呼指差で但馬の国、こうのとりの里へと北上する。
 
  名称「北近畿」も「こうのとり」に向かって進行!
 
 
※3月12日ダイヤ改正で特急「北近畿」「文殊」が特急「こうのとり」に名称変更されます。
1986年11月以来、25年間にわたり親しまれた愛称もなくなりさびしいですが、JR色の183系は新型車両に置き換えされますが、当面この準国鉄特急色は存続します。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 21:58:32|
  2. Y福知山・山陰線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

2008年北陸乗り放題きっぷの旅 雷鳥

2008年冬、北陸乗り放題きっぷが発売された。
大阪発で直江津までの北陸区間特急乗り放題(大阪との往復は指定席)でナント\10,000!\(◎o◎)/!
悲しいかな2人以上での発売という制限があったため、家族を巻き込んでの(~爆)雷鳥+キハ52+雪見ツアーを敢行(-_-;)
 
2008年1月25日
自宅でもウッスラ積雪。三田から特急北近畿4号に乗車。ところが宝塚あたりから抑止。なんでも踏切の遮断棒が破損したとかで。~(-_-;)結局30分程度遅れて大阪到着、乗車予定の指定席を確保していた特急雷鳥9号にすでに発車済(爆)。次のサンダーバードはパス。(笑)予定の1時間後発車の特急雷鳥13号の自由席に乗り込む。子供も幼児のため指定席では2席を3人で座らなければならないため、乗車率の低い自由席でかえってよかったかもしれません。(笑)雪の中の雷鳥の旅を満喫して金沢着。↓

2008.1.25 北陸本線 金沢 4013M特急雷鳥13号
 
そして特急北越5号に乗り換え糸魚川を目指す。富山あたりから雪がなくなりはじめ後悔しかけましたが、新潟県に入ると銀世界で吹雪。\(^o^)/
早速、吹雪の中の赤レンガ車庫とキハ52を記念撮影。↓

2008.1.25 大糸線 糸魚川
 
駅前の宿に荷物を放り込み、夕方の大糸線に乗車。うれしい赤クリームのキハ52-115でした。\(^o^)/↓

2008.1.25 大糸線 糸魚川 432D
 
これに乗って終点の平岩まで往復。車内は最初は他すべて地元のかたでそれでも半分以下の乗車率。
平岩に着くときは自分の家族のみの貸切状態。折り返しの433D糸魚川行きも貸切列車と化しました。
木板の床や重々しい窓枠など、古き良き時代の臭いがするキハ52を満喫できました。
 
翌26日、今度は南小谷行きに乗車。タラコ色の登場です↓

2008.1.26 大糸線 糸魚川 426D
 
行路は吹雪、雪舞う中を駆けるキハ52、姫川沿いの雪見旅を満喫して南小谷へ。
ここで昼食タイムとしたいところが、駅前には食堂が皆無。~爆
仕方がないのでゾーン区間外で別途切符が必要ですが白馬まで足を伸ばしてランチを食べに行きました。
  
  再び普通電車で南小谷へ北上。そして次なる列車はキハ52-125\(^o^)/↓

2008.1.26 大糸線 南小谷 429D
 
 そしてこれに乗り糸魚川へ。もう二度と味わえないかもしれないキハ52の旅。しかも雪の中の旅をかみしめな がら終着糸魚川へ。乗り換えまでの30分間、惜しむように撮りまくりました。(-_-;)
 糸魚川から特急北越5号で直江津へ。直江津では子供が楽しみにしていた上越水族館へ。
 再び直江津から特急北越8号に乗り糸魚川の宿へ。
 
翌27日朝、キハ52を駅で撮った後、糸魚川を後にする。富山まで普通列車。富山からしらさぎ6号に乗り金沢へ。金沢からお待ちかねの特急雷鳥22号に乗車↓

       2008.1.27 北陸本線 金沢 7022M特急雷鳥22号
 
帰路の雷鳥は雪晴れの中の旅。あっという間の3時間の旅でしたが、車内でのアイスクリームなど子供にとっても思い出が残る雷鳥の旅となったことでしょう。
 
 
~行程表~(備忘録)
2008・1・25
三田8:16-3014M特急北近畿4号(福フチC32/2号車モハ182-202)-9:20頃大阪
大阪10:12-4013M特急雷鳥13号(京キトA10/7号車モハ485-119)-13:38金沢
金沢13:38-1055M特急北越5号-15:07糸魚川
糸魚川16:42-432D-17:18平岩17:25-433D-18:01糸魚川(金ホク・キハ52-115)
 
2008・1・26
糸魚川10:43-426D(金ホク・キハ52-156)-11:43南小谷11:56-328M-12:15白馬12:56-327M-13:14南小谷
南小谷13:32-429D(金ホク・キハ52-125)-14:27糸魚川15:08-1055M特急北越5号-15:31直江津
上越市立水族館
直江津17:17-1058M特急北越8号-17:41糸魚川
 
2008.1.27
糸魚川7:59-534M(金サワ・クハ455-62)-9:11富山9:46-6M特急しらさぎ6号-10:24金沢
金沢11:15-7022M特急雷鳥22号(京キトA8/3号車モハ484-1003)-14:06大阪
                      
 
  1. 2011/02/27(日) 11:43:28|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

雪の中の再会  雷鳥



2006.12.29 湖西線 近江中庄 4016M特急雷鳥16号
 
 
  学生時代、クルマを運転するようになり鉄道の世界から遠ざかる。
  そして、この年の秋、実家で埃をかぶっていたデジタル一眼レフに出会い、この有効活用を思い立ち
  ドライブがてら鉄道撮影を試みるがあまり興味が湧かない。やはりドライブのほうが主である。(-_-;)
 
  そして年末、強い寒波が来るということで、雪の中を行く雷鳥が撮りたいと思い立つ。
  当時住んでいた加古川からは始発列車では一番列車の雷鳥5号の撮影には間に合わないので、
  博多発新大阪行きの夜行列車臨時快速ムーンライト九州に青春18きっぷと指定席券を片手に乗り込み、
  夜行客車列車終盤の疲労感漂う独特の雰囲気を味わいながら大阪着。
  そこから快速に乗り換え、さらに京都からも乗り換えしてここに到着。
  
  写真はその中の一枚。もちろん鉄道写真の技など全くなく、手持ちでAFなどすべてカメラ任せ、
  構図も不安定だったので、 少々トリミングしています。(-_-;)
  現在のように一往復オンリーではなく、それはたくさんの本数の雷鳥が雪の中を高速で通過する。
  久しぶりに再会した特急雷鳥。雪の中を高速で邁進する姿にシビレ、これが撮り鉄デビューのキッカケ
  となったことは言うまでもない。(以前は乗り鉄でしたので)
  確か2006年頃に廃止の予定とプレスリリースがあったが、何らかの事情で延命しているときで
  雷鳥の最後の姿を撮ろうと思い立ったのが大きな動機であった。
    
  そして再び2月初め、今度は雷鳥5号(A6編成)に乗車して再び近江中庄へ。
  (TB「雪に包まれて」参照。)
  大暖冬といわれたこの冬にこれだけ美しく激しい雪の降り方に出会えたのは忘れられない思い出となった。
  
 
 
 
MISIA - Everything
  1. 2011/02/26(土) 10:34:48|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

憧れの特急  雷鳥


撮影年月不明  東海道本線 茨木~千里丘 特急雷鳥
 
 
物心ついたころからのあこがれの特急雷鳥。
特急といえばこのクリームと赤の車体が思い浮かぶ。
幼いころ、並走する国電から見える特急雷鳥の車内は、それはそれは雲の上のような別世界だった。
とくに当時は食堂車も連結されていてまさしく異次元の憧れの世界だった。
そしてようやく願いかなって小学4年生の夏休みの能登旅行で念願の乗車が叶う。
大阪発8:05の特急雷鳥5号
あまりにも自分がせがんだせいなのか、往路の金沢駅まで父のみ車で、母と自分と弟の3人が雷鳥でという別行動となった。(-_-;)
肝心の車中はあまり記憶にないが、当時のプリンタマルスで打ち出された「ライチョウ5ゴウ」の文字が入った特急券とボンネットの先頭の「雷鳥RAICHO」の文字ヘッドマークは今でも鮮明に覚えている。
念願の雷鳥初乗車、今となっては遠い昔の思い出である。
 
それから乗り鉄として国鉄色583系臨時雷鳥や両端北海道型1500番台クハの新潟雷鳥などに狙いを定めて乗車したのも今では懐かしい昔話。~笑
 
 
  1. 2011/02/25(金) 21:08:39|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

雪に響く  SL北びわこ


2011.1.30 北陸本線 河毛~高月 9241快速SL北びわこ1号

  厳冬の湖北。

  雪がしんしんと降る中、大きな汽笛と煙を響かせSL列車が北を目指して力走する。 
  

  1. 2011/02/21(月) 20:33:30|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

白魔を越えて 3084レ



2011.2.12 伯備線 上石見~生山 3084レ
 
  激しく舞い散る雪で視界もきかない国境の峠。
 
  貨物列車の先頭に立つEF64が、白魔を突いて手探りで寡黙に鉄路を進んでいく。
 
※3084レ追っかけ第3ポイントにて。
先ほどの場所からここへ辿りつくのに猛烈な吹雪の中、難路に苦渋しましたがなんとか間に合いました。
凄まじい吹雪に視界もきかず、このような俯瞰では厳しい条件でしたが、なんとか収めることができました。(-_-;)
 
  
 
広瀬香美 promise 歌詞付き
  1. 2011/02/20(日) 11:06:04|
  2. Y伯備線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

厳冬の山越え  3084レ



2011.2.12 伯備線 江尾~伯耆溝口 3084レ
 
  厳冬の伯備線。
 
  雪が激しく舞い散る過酷な山岳の鉄路を、EF64牽引の貨物列車が黙々と越えていく。
 
 
※3084レ追っかけ第2ポイントにて。
ここでのロケは至難を極めました。何しろ吹雪がこちらに直撃してカメラを前から傘で守るのに必死の状況。
そのため前を見ることができないので構図をセットして後は音だけが頼りの状態です。遠くからEF64のブロワ音が聞こえ始め、大きくなったと思ったときにはすでに左に見える分岐器にさしかかっていました。すぐに傘をたたんでシャッター押しでなんとか納めることができました。(-_-;)
  
 
広瀬香美 promise 歌詞付き
  1. 2011/02/19(土) 09:23:38|
  2. Y伯備線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

大雪舞う  北近畿



2011.2.14 福知山線 道場~三田 3023M特急北近畿13号
 
  大雪舞う鉄路を大阪からの特急北近畿が一路、北へ北へ向かう。
 
  厳しい冬を越え、春への足音を探しながら・・・
 
 
※今日は南岸低気圧による雪が予想されたため、道路混乱による帰宅難民になることを避けることもあって早めに仕事を片付け、帰りにおそらくこの冬最後になるであろう雪中ロケを近所で行いました。
昼過ぎから降り出した雪はあっという間に積もり、当地を雪国へ変えてしまいました。
先週の積雪を大きく上回る大雪、ここに住みはじめて最大級の大雪となりました。
まるで自宅が福井県にあって、いつも走りなれた道が国道8号であるかのような錯覚に陥るほどの大雪。
この冬、最後の最後に普段は雪のない地元で大雪ロケとなるとは大きなサプライズでした。♪
 
↓自宅にて娘が作った雪だるま(まるで雪国にいるかのような錯覚を覚えます。)

 
 
広瀬香美 promise 歌詞付き
  1. 2011/02/14(月) 20:32:24|
  2. Y福知山・山陰線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

過酷な旅の幕開け  3084レ



2011.2.12 伯備線 伯耆溝口~岸本 3084レ
 
  吹雪舞い散る中、山陰から山陽への山越えの旅が幕を開ける。
 
  これから待ち受ける大雪の急峻な山岳地帯に向けて過酷な旅がはじまる。
 
 
※昨日は山陰地方山地大雪でまたまた3084レ追っかけをしてきました。(-_-;)
大雪となるとじっとしていられません。正午ころまでは曇りベースでしたが、これを撮る30分くらい前から
予想通りの猛吹雪となり、この冬のなかでも非常に厳しい条件でのロケとなりました。
写真は第一ポイント溝口ストレートにて。
 
 
広瀬香美 promise 2010.1.20
  1. 2011/02/13(日) 10:27:24|
  2. Y伯備線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

雪道を駆ける 神戸電鉄


2011.2.11 神戸電鉄三田線 道場南口~神鉄道場 (三田発新開地行普通)
 
  一面の銀世界。
 
  雪降る中を北摂から神戸へ向けて普通列車が駆けていく。
 
※特急北近畿雪ロケの合間に撮りました。(-_-;)
 神戸電鉄もこのような古い車両は味があって、雪景色となるとカメラを向けてしまいます。
  1. 2011/02/12(土) 20:18:51|
  2. Y私鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

冬のファンタジー  北近畿



2011.2.11 福知山線 道場~三田 3011M特急北近畿1号
 
  南岸低気圧により当地も積雪。昼にはこの雪もあとかたもなく消えてしまった。
 
  雪物語は一瞬の物語。
 
  儚い冬のファンタジーを国鉄特急が北に向けてひた走る。
 
   
 
 
冬のファンタジー/カズン
  1. 2011/02/11(金) 13:17:23|
  2. Y福知山・山陰線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

国境越え  3084レ



2011.1.29 伯備線 上石見~生山 3084レ
 
  伯備線冬物語。
 
  降りしきる雪の中、貨物列車が伯耆から備中へ向け国境の峠を越えていく。
 
 
※伯備線3084レ追っかけ第3ポイントにて。
去年のクリスマスの時は雪が降り始めたばかりでハゲチョロケ(爆)でしたが、今回は雪がたっぷりの一面銀世界でしかも1000番台原色でリベンジすることができました。昔ながらの古い民家が点在する風景の中でのこのカーブ、日本の原風景を感じさせる雰囲気でお気に入りのロケ地となりました。単行のキハが走るローカル線でしか見れないような風景を貨物列車が走るのは、全国的にも貴重だと思われます。
さて、昨年末から1か月半あまり居座り続けた寒波も先週末の豪雪を最後に終了。
雪を追い続けたロケもこれで終着駅に到着です。
 
 
冬のファンタジー/カズン【歌詞付】
  1. 2011/02/06(日) 17:43:30|
  2. Y伯備線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

豪雪を越えて 北陸線普通


2009.12.19 北陸本線 敦賀~南今庄 419系普通電車
(※この撮影場所は現在では立入禁止区域となっています。)


  北陸の地域の足として最後の任務を務める419系電車。

  豪雪を越えて地域の足として黙々と走り続ける。


※このたびの福井豪雪にお見舞い申し上げます。
地域の生活が一日も早く復旧されることをお祈りします。
  1. 2011/02/02(水) 20:10:22|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (111)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (103)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (10)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR