FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

壮大な旅へ    トワイライトエクスプレス


2009.9.24 室蘭本線 伊達紋別~北舟岡 8002寝台特急トワイライトエクスプレス

  

  大阪へ向けての壮大な旅の序章。


  いつまでも永遠に走り続けてほしい。

  





【撮影手記】
北舟岡駅で北斗号を撮影後、憧れのこの場所へ。北海道はスケールが全く違います。
ここへ来るまでの壮大な風景を見るだけで感動です。
北斗号までは完全に曇りましたが、薄日が差してきてなんとかやわらかい光線状態でカマが輝いてくれました。曇り一時雨の予報でしたので、うれしい限りです。これもひとえにいつもきれいにカマを磨いているJR北海道の方々のおかげで感謝!
この日はこれにて終了。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 07:13:51|
  2. Y感動Express北海道2009
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロローグ     北斗


2009.9.24 室蘭本線 北舟岡 5011D特急北斗11号





 寝台特急あけぼの号の旅も終り、青森滞在時間はわずか5分。

 2回の乗り換えをして、いよいよ今回の旅の目的地にやってきました。

 この旅は、撮り鉄再開以来の最大の遠征です。

 




 感動Express北海道2009、北の大地で織りなすドラマの始まりは、北斗号の撮影から始まります。

  1. 2009/09/29(火) 19:47:19|
  2. Y感動Express北海道2009
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

寝台特急あけぼの号の旅路 本編






①2009.9.24 奥羽本線 東能代 2021寝台特急あけぼの
②          あけぼの車窓からの鳥海山のあけぼの!
③          あけぼの車窓からの日本海(列車ではありません(笑))
④          大館で仕入れた鶏めし
⑤          前回青森入りしたときは見れなかった岩木山



 定刻21:15分に最高のカマ38号機に牽引されたあけぼのは上野駅を出発。

7号車10番個室が今夜の宿。設備は前回乗車した北陸のA個室とほぼ同じだが、折りたたまれた上段ベッドがあるぶん、こちらの方が若干狭いという印象。もう一つ北陸と違う点は部屋の鍵。
北陸はカード式に対し、こちらは暗証番号。カードを持ち歩かないで済むのでこれは大いに助かる。

高崎で4分停車でカマを軽く撮影した後、就寝。


明けて9月24日。撮り鉄の性なのか、早くに目が覚めてしまう。(^_^;)
停車すると「余目」の文字。

寝起きでしんどく、2度寝を企んだが、あけぼのの鳥海山が車窓に出てきて感動!!!
一気に目が覚めてしまいました。(^_^;)
廊下側には日本海、羽越本線の車窓は最高!

秋田で4分停車。車内放送でホーム中央で弁当販売があると案内があったが、カマの撮影のためパス。
見ると、カマがEF81138号機に替わっていた。

東能代でも4分停車。ここではカマに朝日が照っていいのが撮れました。

そして奥羽本線を北上し、大館着。ここで朝食を仕入れに。
前回の日本海での食糧難の経験を踏まえ、今回は手を打っていました。(笑)
前日までに電話予約すると、駅弁を届けてくれるサービスがあったのです!
(詳しくは花善さんのホームページをご覧ください。)

その駅弁は、鶏めし850円!
20年前に食べたその味は今でも忘れられない絶品です!

この鶏めしを食べながら、いよいよ青森県へ。

そして、あけぼの号の旅のフィナーレは、前回見ることのできなかった岩木山。

今回はその美しい山容で出迎えてくれました。


青森到着、定刻9:56。充実したあけぼの号の旅もいよいよ終了です。


※9月23日発2021レ寝台特急あけぼの編成

↑青森
EF6438[長岡](上野→長岡)
EF81138[青](長岡→青森)
 カニ24 102
⑧オハネフ24 22
⑦オロネ24 553   (乗車車両A個室寝台7号車10番個室)
⑥オハネ24 551
⑤オハネ24 553
④オハネフ25 129
③オハネ25 218
②オハネ25 220
①オハネフ25 205  盛アオ

  1. 2009/09/28(月) 06:58:38|
  2. Y感動Express北海道2009
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

寝台特急あけぼの号の旅路 序章


2009.9.23 東北本線 上野 2021寝台特急あけぼの


 この数日間、更新、レス、ご訪問ができなくお詫び申し上げます。
じつは23日から今日まで旅に出ておりました。
行きは4001レ寝台特急日本海のA寝台の予定でした。
本来なら、お知らせをして旅立つつもりでしたが、
出発当日にちょっとしたハプニングがあり、そのまま放置状態となってしまいました。
そのハプニングとは、

 4001レ日本海の顔色がヨロシクナイとの掲示板の情報

そう、このSWはトワカマが一日おきに入っていて、撮らせていただいているならともかく乗る身にとっては、ローピンこそ日本海という意識が強いため、これに高額な資金を投じるのはどうかと疑問に思っていたことと6月に4001レは乗車済みであったこともあり、急きょみどりの窓口に行って未体験の2021レあけぼののA個室シングルDX(残数=2で奇跡的)に乗変し、あわただしく大阪を出発する時刻も早くなった次第です。

帰省ラッシュの新幹線で一路東京へ。


そして入線してきたあけぼの号のカマを見て、思わずニヤリ!


そのカマはEF6438!4001レとは運命が正反対の2021レで、テンションも上がる中、出発進行!

この続きはこれからのお楽しみということで。。。

  1. 2009/09/27(日) 15:15:02|
  2. Y感動Express北海道2009
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

最後の輝き   雷鳥


2009.9.21 北陸本線 新疋田 4004M特急雷鳥4号




 朝日に輝く雷鳥、これが上り雷鳥との最後の別れ。


 さようなら、上り雷鳥、たくさんの思い出をありがとう。


 諸般の都合により、今度の週末は雷鳥の撮影ができませんので、これが上り雷鳥との最後のお別れと


 なりました。


 このあとの雷鳥12号も撮りたい気持ちもありましたが、朝日に輝くA8編成が撮れたので、


 これを最後の一枚としたい思いもあり、日本海撮影後に撤収しました。



※ A8編成は、家族旅行で最もお世話になった編成です。(乗り鉄)
(2008年1月27日雷鳥22号金沢→大阪と 2008年9月6日 雷鳥23号大阪→金沢)

  1. 2009/09/22(火) 13:59:35|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

秋晴れの下を     日本海


2009.9.21 北陸本線 新疋田 4002寝台特急日本海





 今日は、晴天の見込みと高速渋滞もそろそろ収まったと目論んで行ってきました、新疋田。


 最大の理由は一昨日、トワカマが入ったのでまずローピンだろうとタカをくくっていました。


 今日の4002は、敦賀でのカマ替えがトワカマ103号機→トワカマ104号機だったわけで


 こんな事例は初めてではないでしょうか。


 やはり102号機が廃車になった影響は大きい。。。


 仕上がりを見て、これがローピンだったら最高なのにと凹みましたが、まあこれも一つの記録として(^_^;)


 

  1. 2009/09/21(月) 17:53:46|
  2. Y感動Express北海道2009
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Dynamic Version B65      北近畿


2009.9.20 福知山線 道場~三田 3020M特急北近畿10号





 今日は、朝は曇っていましたが、急速に快晴の天気に。


 ここは夏の間、雑草で撮影できませんでしたが、草刈りが終了して解禁。


 今日は抜けるような青空の下、国鉄特急が豪快に駆ける。


 

  1. 2009/09/20(日) 14:26:14|
  2. Y福知山・山陰線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

雪灯り    雷鳥


2008.2.15 北陸本線 南今庄 4034M特急雷鳥34号






 雪が降りやんだ後の黄昏時の人里離れた駅。


 街へ向かう3灯のヘッドライトと「雷鳥」のHMの灯が安堵を与えてくれる。



 

  1. 2009/09/18(金) 20:30:51|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

暗闇を抜けて    日本海


2008.10.12 北陸本線 新疋田~敦賀 4002寝台特急日本海





 国境の山々のいくつものトンネルを抜け、夜行列車が力強く駆け抜ける。

トンネルの闇を抜け、朝日を浴びる姿は、夜を徹し走り続け朝を迎えた夜行列車の縮図を感じる。




※今日の新内閣誕生で、鉄ヲタの前原誠司氏が国土交通大臣に就任とのこと。

専門はSL撮影のようだが、現在の失われゆく良き時代の列車の存続にも明るい兆しが見えてくるのではなかろうか。

こと日本海については、関西・北陸対東北間の唯一の存在列車で、利用率も高く、航空や夜行バスも不十分な体制であることから、公共輸送として存続する十分な理由が備わっている。
これから、監督官庁である国土交通大臣として「夜行は面倒くさいから廃止する」というあまりにも公共輸送機関としての自覚に欠ける鉄道事業者を、十分に監督してもらいたい。
趣味と仕事は当然、別になることとは思うが、古き良き時代の鉄道を十分に理解している氏が国交大臣になることは、全くそれを知らない人物がなるよりは、こうした列車にとって明るい兆しではないだろうか。


現在、闇の中にいるブルトレも、このようにトンネルから抜けて明るい光を浴びてもらいたい。

  1. 2009/09/16(水) 21:56:32|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

冬のファンタジー2    雷鳥


2008.2.16 北陸本線 南今庄 7022M特急雷鳥22号



 小雪ちらつく中を駆け抜ける雷鳥。


 このロマンチックな光景ももう二度と見れなくなった。




↓前にも一度紹介しましたが、なぜかやはりこの曲がいいです。LXLバージョンで。。。


  1. 2009/09/14(月) 19:46:33|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

のんびりと    北近畿


2009.9.13 福知山線 広野~相野 3020M特急北近畿10号






 今日は、晴れているものの撮影に行く気がしない。

 北陸・湖西・東海道はいよいよ激パでしょうね。これからは人混みは苦手なのでパス。。。

 カメラの清掃をしたので、昼食を食べにがてらテスト撮影。

 こういうときはのんびり北近畿がいいですね。

 今日は、尾根遺産運転士さんが花を添えてくれました。(笑)

 

  1. 2009/09/13(日) 17:18:44|
  2. Y福知山・山陰線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

威風堂々     雷鳥


2008.6.14 湖西線 近江中庄 4008M特急雷鳥8号


 優駿、雷鳥が国境の山々をバックに威風堂々と駆け抜ける。


 この風景も二度と見られない過去の逸話となる。






※この京キトA7編成も9号車のクハを除き、8月末でその走りを終えた。
長らくお疲れ様でした。


  1. 2009/09/10(木) 21:09:28|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

ドイツ弾丸旅行






娘の誕生日が近いので祝いを兼ねてDeutschlandへ。


ただいま帰還、 弾丸旅行であ~~~疲れた~~~。






なんちゃって~~~^^




大津にあるドイツ料理レストラヴュルツブルクでした。


建物は実際にドイツから輸入、ドイツ人による建築らしく、すごい重厚感。


おまけにテラス席からは、琵琶湖を眺めながらドイツ料理に舌鼓。


実際、ドイツ・ヴュルツブルク(大津市と姉妹都市)にあるホテルと姉妹提携で本場のドイツ料理が


味わえる。

  1. 2009/09/06(日) 20:13:20|
  2. Y雑記
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

夕暮れの輝き  文殊


2009.9.5 福知山線 道場~三田 3071M特急文殊1号





 先週は初めてこの場所で撮りましたが、構図がやや不安定だったので、もう一度チャレンジ。
 
 今日の文殊は先週以上に輝いてくれました。

 もうそろそろ文殊のシーズンも終了ですが、遠くまで行かなくてもこんなに素晴らしい輝き

 を見れる、つまりは小さな楽しみの大切さを教えてくれたような気がします。

 


  1. 2009/09/05(土) 19:19:28|
  2. Y福知山・山陰線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

さくら添え   雷鳥


2009.4.10 東海道本線 新大阪 4012M特急雷鳥12号



 桜に迎えられ、優駿雷鳥がその旅路を終える。

 



 ※これからしばらく10月の上り雷鳥パノラマ化で見れなくシーンを振り返りたいと思います。
今年は桜の満開時期が平日に限定されてしまったため、有休を取って日本海と桜のコラボを納めましたが、そのついでに撮ったここでの雷鳥と桜のコラボがこれで最後になるとは予想できませんでした。
新大阪駅での撮影に有休なんて。。。と思いましたが、今から考えると有休取った甲斐がありました。^^

 

  1. 2009/09/03(木) 22:09:16|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Dynamic Version雷鳥


2009.8.16 東海道本線 長岡京~山崎 4012M特急雷鳥12号




 ここでの国鉄型HM付き雷鳥の営業運転の姿もあと1ヶ月。


 回送雷鳥では国鉄型HM付きが先頭に立つ姿も期待できるが、営業運転ではあと1か月。


 
 いつもアングルを日本海の編成両数に合わせていたため、30分前に通過する回送雷鳥はまともなもの


 が一枚もない。(^_^;)


 いつも日本海が通過するとすぐに退散していたが、


 この日は日本海が30分遅延したため、後続10分後の雷鳥12号にてDynamic Version雷鳥。

 
 よく考えると、これは前も後ろも伝統国鉄型を強調できる、これから貴重な構図ですね。
 


 


 

  1. 2009/09/01(火) 21:47:57|
  2. Y日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (111)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (103)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (10)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR