FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

別れ


2018.5.8 ドイツ鉄道630号線(マイン・ヴェーゼル線) オストハイム~ブッツバッハ IC****(北行き特急列車)(9:27撮影)
IC*** InterCity richtug Norden. E-LOK: 101 045-3 auf KBS630 (Main-Weser-Bahn) zwischen Ostheim(b Butzbach) und Butzbach am 08.05.2018.

 北に向かう長距離列車。

 朝の鉄路を足早に去り行く。

 青空に緑萌ゆる大地に別れを告げる。


(朝食を終え、ホテルをチェックアウトし、すぐ近くの線路際へ。雑草が繁茂して近づくのが厳しい状態でした。長靴を履いてなんとか辿り着きましたが、狙いの快速客レはなんと対向の電レとドンピシャ被り、待ち時間の間に通過した機関車推進運転の客レの後追いがこの旅のラストカットとなってしまいました。(TT)これ以上留まると渋滞でフライトに間に合わなく恐れがあるたやむなく撤収、フランクフルト空港へと向かいました。
帰路のアウトバーンで目にした光景、片側5車線あるうちの外側2レーンが大型車通行可能と表示されて、内側3車線はスッカラカンで乗用車がブッ飛ばしているのに外側2車線は2km以上にわたるトラックの渋滞の列。大型トラックや速度の遅い車が道路交通法に違反して漫然と3車線の追越車線を走る続けているのが日常の光景の国に戻るのに嫌気がさしてきました。法的根拠もなく他人に同調することを美徳とするムラ社会、個人の保護のために終業時刻を守ることは疎かなのに、お客様のため、会社のためなら終業時刻を守らなくてもいい、そんな法治国家とは程遠い超社会主義の国に強制送還されるのが憂鬱になってしまいます。(^^;)
無事にフランクフルト空港へと到着。13:45発関空行きルフトハンザにて帰国の途につきました。
最後は残念でしたが、そんなことは誤差で片付いてしまうような快晴の連続。遠くに微かなスジ雲を見ての撮影が1回あっただけで5日間の最初から最後までピーカン青空、ドイツ語でKaiserwetter(皇帝の天気)の連続、天気を読んでのスクランブル発進でしたがここまで快晴青空に恵まれた遠征は記憶にありません。かつてない晴天に恵まれたこと、現地鉄の方々に素晴らしい列車の運行情報をご教示いただいたこと、リンブルクの教会で楽しくお話させていただいた現地の方、その他この旅で出会ったすべての方々に感謝して2018年ドイツ遠征記を終了とさせていただきます。
皆様におかれましては、途切れ途切れとなりながらも1年以上の長きにわたる連載にお付き合いいただきましたことに心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/31(土) 08:30:09|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

土色の大地を越えて


2018.5.8 ドイツ鉄道630号線(マイン・ヴェーゼル線) オストハイム~ブッツバッハ IC2378(フランクフルト発ハンブルク行き特急列車)(7:21撮影)
IC2378 InterCity von Frankfurt am Main Hbf nach Hamburg-Altona. E-LOK: BR101 auf KBS630 (Main-Weser-Bahn) zwischen Ostheim(b Butzbach) und Butzbach am 08.05.2018.

 澄み渡る青空、土色の大地。

 朝の清々しい空気。

 小さな村を越えて長い旅をつづける。


(先ほどの撮影を終え、すぐさまホテルの近くに戻ります。今度は逆方向からの特急客車列車の時刻が迫っており大忙し。(^^;)
線路に近づこうにも道がないので遠景気味に撮影してみました。わずか40分ほどの間に3本の客レを拝めるなんて日本では絶対できないだけに、帰国便の時刻が迫る中、もう帰りたくないと思いながら宿での朝食、こちらもドイツ最後の食事となり名残惜しく、ブッフェ式をいいことに心行くまで満喫しました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/28(水) 20:30:05|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

共演


2018.5.8 ドイツ鉄道630号線(マイン・ヴェーゼル線) オストハイム~バートナウハイム RE4177(トレイザ発フランクフルト行き快速列車)(6:59撮影)
RE4177 von Treysa nach Frankfurt Hbf. E-LOK: 146 254 auf KBS630 (Main-Weser-Bahn) zwischen Ostheim(b Butzbach) und Bad Nauheim am 08.05.2018.

 約10分後の続行で再びレッドトレインの登場、今度は新型機のBR146です。こちらは広角レンズでの撮影。
朝のこの運転間隔でこの地形、続行でカーブの右手から現れる客車列車の共演に数年前までの室蘭線長和の8001レトワイライトと8009レカシオペアの撮影を思い出しました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/25(日) 20:30:13|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

朝の輝き


2018.5.8 ドイツ鉄道630号線(マイン・ヴェーゼル線) オストハイム~バートナウハイム RE15861(ギーセン発フランクフルト行き快速列車)(6:46撮影)
RE15861 von Gießen nach Frankfurt Hbf. E-LOK: 114 007 auf KBS630 (Main-Weser-Bahn) zwischen Ostheim(b Butzbach) und Bad Nauheim am 08.05.2018.

 初夏の一日のはじまり。

 太陽が丘の稜線を離れ、大地を黄金色に染めていく。

 その刹那、赤い輝きを放って翔けていく。


(ドイツ遠征最終日の朝を迎えました。
まずは朝食前に宿を抜け出し、車で5分足らずの撮影地で続行で2本来る客車列車を撮影。嬉しいことに1本目には旧型機のBR114が登場。これが通勤列車なんて羨ましい限りです。斜光に輝く客レはやはり格別ですね。昔、朝の夜行列車を求めて北海道や東北遠征したり、日帰りで北陸まで出かけていた頃の感覚が蘇りました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/21(水) 21:30:17|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

Johanniter HOTEL


2018.5.7 ドイツ ブッツバッハ・ニーダーバイゼルにて ヨハニターホテル
Johanniter HOTEL
Hoch-Weiseler Weg 1a
D-35510 Butzbach-Nieder-Weisel
am 07.05.2018.

撮影を終え、車で10分ほどでこの旅最後の宿へ。
観光地でもなく都会でもない農村地帯なのに部屋数が多く、部屋も広~い!鉄道撮影地に近いだけでチョイスしたのですが意外や意外、とても観光で来たとは思えないドイツ人の団体御一行様がいて賑やか、しかも彼らは名札を着用している。
後で調べると、このホテル、プロテスタント系キリスト教会が運営している自助レスキュー隊の施設の一部で、宿泊研修施設を一般客にも開放しているのです。ホテルに隣接して教会や消防署があります。なるほど彼らは研修中だったのですね。
政権に執着し、たった16分の新幹線所要時間短縮という目先のつまらない成果のために青函トンネルから貨物列車を追い出し、将来にわたるCO2削減のポテンシャルを完全に摘み取り、国際社会の環境施策と逆行する暴挙を企んでいる仏教系の新興カルト集団とは対照的です。(苦笑)
ドイツではこうしたキリスト教系の慈善団体が当然のように格安で宿を提供してくれたりと大変ありがたい存在です。


0736.jpg
ホテルのエントランス やたら広い敷地なのはここにヘリが着陸できるよう配慮されている設計です。

0737.jpg

このテラス席でWienerschnitzel(カツレツ)にて最後の晩餐となりました。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/19(月) 20:41:05|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0
次のページ

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (114)
北の大地の交響詩 (55)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (104)
東海道・山陽線 (136)
福知山・山陰線 (11)
伯備線 (106)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (5)
私鉄 (33)
Mein Auto (11)
未分類 (1)
Y日本海縦貫線 (209)
Y東海道・山陽線 (56)
Y伯備線 (35)
Y私鉄 (23)
Y雑記 (27)
Y東北本線 (2)
Y中央本線 (4)
Y福知山・山陰線 (73)
Y四国各線 (5)
Y北の大地の交響詩 (46)
Y地方交通線 (4)
Yひまわり日記 (9)
Y Deutschland (3)
Y感動Express北海道2009 (21)
Y寝台特急北斗星の旅路 (7)
Y寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
Y寝台特急北陸の旅路2009 (2)
Y寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
Y寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Y雑記 (1)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR