鉄路の交響詩 ~第2章~

Eisenbahnsinfonie

宿の愉快な仲間たち



IMG_0151.jpg

IMG_0152.jpg

IMG_0146.jpg

IMG_0147.jpg
2016.8.2 ドイツ ヴィルドポルドスリート 農場民宿Ferienhof Schönにて
Viele Tiere in Ferienhof Schön , Aufnahme in Wildpoldsried am 02.08.2016.

 宿に戻るとトレインビューの部屋のほかに、愉快な仲間たちが。(笑)撮影日は8月2日ですがご紹介をさせていただきます。
すぐそばで牛を放し飼いにしているほか、ヤギも目の前の敷地にいます。
猫やニワトリも当たり前のように野原や宿の赤レンガの舗装の上を走り回っていて子供ならずとも癒される時を過ごすことができます。これはなにも演出ではなく全くの日常の自然体というのが日本では到底考えられない光景で夢のような体験です。
 
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/26(水) 18:55:14|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

聖ローレンツ大聖堂 St.Lorenz-Basilika Kempten


2016.8.5 ドイツ ケンプテンにて聖ローレンツ大聖堂
St.Lorenz-Basilika in Kempten am 05.08.2016.

 つづいてしばらくメイン通りを歩いてもう一つの象徴的な存在である大聖堂へ。ここへ来るまでの道中には百貨店らしき大きな店舗(とはいっても2階建てくらいの高さですが)やカフェもたくさんあって賑やかな街並でした。
このカトリック教会自体の歴史は730年からのようですが、30年戦争で逸失したりということもあって現在の姿の教会の建設は1652年に始まり1900年に完成したようです。


IMG_1021.jpg
この建物は宮殿で全く関係ないと思われますが、この大聖堂と棟続きとなっています。


IMG_1023.jpg
教会の内装はこんな感じで、3日前に訪れたヴィース教会と同じく天井も壁面も美しいフレスコ画と彫刻で埋め尽くされて圧巻、あまりの荘厳な雰囲気に言葉を失い時間が経つのも忘れてしまいます。


IMG_0184.jpg
祭壇付近


IMG_0185.jpg
天井にはチェロを弾く天使の姿が描かれています。


IMG_1043.jpg
祭壇と対面する形でパイプオルガンがあるのはこの地方の教会に良くみられるスタイルですが、それに加えて側面にも設置されています。


IMG_1046.jpg
出入り口付近の小さな部屋には聖母マリア像の足元に花が供えられ、ろうそくも灯されて素敵な雰囲気でした。

雨天もあってこれにてこの日のスケジュールは終了、明日でお別れとなる宿へと帰還しました。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/24(月) 20:31:24|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

ケンプテン市庁舎 Rathaus Kempten


2016.8.5 ドイツ ケンプテンにて市庁舎
Rathaus Kempten am 05.08.2016.

 つづいて通りをしばらく歩くとこの町のシンボル的な存在の市庁舎へ。
まるで教会かと見間違えてしまうような市庁舎の建物ですが、その歴史は1474年に遡り、数々の改修を経て現在に至っているようで現役の市役所!本当にスゴイことです。通りの左側のカフェではこの雨と寒さにもかかわらず、パラソルの下のテラス席で必死に寛いでいる(笑)カップルがいるのには驚きました。日照時間の少ない冬の反動で、日照の多い夏に少しでも日に当たりたいドイツ人の気質を物語っているようにも思えました。

広場から後ろを振り返ると
IMG_0179.jpg
これ、じつは銀行です。
日本を含むアジアの街並とは対照的に、たいていのドイツの街には、直方体の殺風景なビルや高層の建物、派手な看板は存在しません。町全体の景観を次世代への大切な遺産として継承することを個人や企業レベルで取り組んでいる姿は本当に素晴らしいものがあります。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/20(木) 18:34:32|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

聖マング教会 St.-Mang-Kirche Kempten


2016.8.5 ドイツ ケンプテンにて聖マング教会
St.-Mang-Kirche in Kempten am 05.08.2016.

長らくのご無沙汰ですが昨夏のドイツ旅行記(カテゴリ:Deutschland)のつづきです。(^_^;)
ドイツ旅行10日間の行程の8日目を迎えました。7泊ステイのこの地も明日でお別れ、前日の快晴とは打って変わって雨天ですが、クルマで15分ほどの中核都市であるKempten(ケンプテン)へ。この旅初めての本格的な雨となり大雨警報発令。それでも降水量の多い日本から見るとたいした降雨量ではありませんが、雨が普段少なく排水容量の設計基準が低いドイツでは大変なようです。街に到着直前に見たこの辺りで最も大きなIllar(イラー川)が溢れそうになっていていました。今までで最も交通量が多いところだけに運転に非常に苦慮しましたが、なんとか街中のパーキングにクルマを収めることができました。(^_^;)駐車場から徒歩で旧市街地に入るとまずこの教会が目に入りました。

IMG_0174.jpg
祭壇付近

IMG_0176.jpg
振り返ると入り口の扉の上にはパイプオルガン

プロテスタント系の教会で今までよく目にした華美なカトリック系とは対照的に質素な趣でとても落ち着くものが感じられて、これも気に入りました。
これでも後でHPで確認するとなんと700年の歴史があると記載があって驚きました。旧いものを大切にメンテナンスしながら守り続けていくスタイルは本当に素晴らしいものがあります。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/17(月) 19:35:53|
  2. Deutschland
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2

海風に吹かれて 2093レ


2017.5.20 羽越本線 仁賀保~西目 2093レ(東京タ発秋田貨物行き貨物列車)
GZ2093 von Tokio nach Akita. E-LOK: EF510-14 auf Uetsu-Strecke zwischen Nikaho und Nishime (Akita) am 20.05.2017.

 青空広がる日本海。

 大都会東京から夜を徹し、北へと走り続けてきた旅人。

 海風に吹かれて長い旅の終章を綴っていく。


♪ Angelika Milster - Zeit zu gehen, Time to say goodbye (german version)

(一度宿に戻り朝食後、2093レを。大俯瞰を狙ってみようとダメ元で訪れましたが事前情報通りに展望台は撤去されて観音像が代わりに造られ撮影は不可能に。というわけで早朝と同じ場所で広角で撮影、この後PM2.5や黄砂がひどくなる予想から切り上げて帰りのフライトを1本早い便に変更するため空港へ、これにてこの旅のラストカットとなりました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/14(金) 18:15:50|
  2. 日本海縦貫線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 2
次のページ

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

2009/2010/2013/2015/2017年貨物時刻表フォトギャラリー掲載

2014年貨物時刻表カレンダー掲載



Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (43)
北の大地の交響詩 (54)
東北本線 (20)
日本海縦貫線 (98)
東海道・山陽線 (110)
福知山・山陰線 (6)
伯備線 (45)
木次線 (3)
私鉄 (28)
未分類 (0)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR