FC2ブログ

鉄路の交響詩 〜第2章〜

Eisenbahnsinfonie

新緑の水辺を越えて 5050レ


2021.4.10 山陽本線 大門~笠岡 5050レ(福岡タ発名古屋タ行き貨物列車)
GZ5050 von Fukuoka nach Nagoya. E-LOK: EF210-301 auf Sanyo-Strecke zwischen Daimon und Kasaoka am 10.04.2021.

 新緑の季節へ。
 
 朝の斜陽に緑萌ゆる森が輝く。

 静かな水辺の鉄路を越えていく。


(まだ4月も上旬を過ぎたばかりなのにはや新緑の季節。今年はここ最近で最も早いシーズン入りです。
しかも快晴の休日ということで久しぶりに遠出。夜中に目が覚めてしまった勢いであさイチのココへ。今まで何度か訪れましたが、青ベースの300番台と新緑の初コラボで新たにいい収穫となりました。)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/11(日) 14:50:07|
  2. 東海道・山陽線
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

朝の散歩道   神戸電鉄


2021.4.8 神戸電鉄 三田線 二郎~道場南口 新開地発三田行き普通列車
Regional Bahn von Shinkaichi(Kobe Stadt-Mitte) nach Sanda. Serie 1000 bei Kobe-Dentetsu Bahn Sanda-Linie zwischen Niro und Dojo-minamiguchi am 08.04.2021.

 朝の散歩道。

 咲き終わり散りゆく桜の並木が静かに佇む。

 春霞に照りゆく陽射しを受けて一日がはじまる。


(電車通勤の都市部から車通勤の地方部へ転勤、3月末には勤務先の入っているビルから感染者が発生、どのテナントかも知らされず不安を煽るだけの情報だけでいよいよ危なくなってきただけに今回の異動でホッとしましたが、通勤での徒歩がなくなりメタボ直前のため、出勤前に時間に余裕があれば散歩に出ることに。こと武漢ウイルスの変異種が猛威を振るっていますが、楽観論、慎重論ともに肥満の重症化リスクが高いことで意見は一致しています。もう間に合わないかもしれませんが少しでもカロリーを消費しようと機材+三脚を背負って散歩へ。線路沿いに一駅以上歩いているうちに何本かの列車を目撃してどれも5000系や3000系だったので、折り返し地点でひょっとしたら次の列車はアレかもと一応三脚をセットしたら本当に1000系が登場、死重扱いの機材が功を奏しました。(;^_^A)
日本に蔓延る体育会系の連中は肥満や高齢とは無縁でウイルスは脅威ではないから、あんなお祭りを望むのでしょうか、あまりにも自己中極まりないですね。そして聖火リレーに何の疑いもなく集まるバカ日本人たち。本当に開催したら最も多くの人命を犠牲にしたオリンピックとして人類の記憶に刻まれる事でしょう。以前から東京五輪協賛企業の製品は可能な限り避けるようにしています。それが自分にできる可能な限りの意思表示です。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/09(金) 19:00:20|
  2. 神戸電鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

咲き誇る  神戸電鉄


2021.4.2 神戸電鉄 三田線 横山~神鉄道場 三田発新開地行き急行列車
Regional Express von Sanda nach Shinkaichi(Kobe Stadt-mitte). Serie 1350 auf Kobe-Dentetsu Bahn Sanda-Linie zwischen Yokoyama und Shintetsu-Doujou am 02.04.2021.

 春来る。

 川辺に佇む大木が満開のときを迎える。

 咲き誇る桜が旅立ちと別れのドラマを見守る。


♪ 森山直太朗 - 「さくら(二〇一九)」

(2月末の三岐以来、1カ月以上ぶりの撮影です。朝起きると予想とは裏腹にきれいな青空、しかも貴重となった1000系を目撃してしまい、出勤前に折り返し便を狙うべく急遽スクランブル発進。わずか10分に満たない滞在時間でしたが、地元の美しい桜の風景に出会うことができました。例年と違い、公私とも変化が大きい春を迎え、感慨深く思い出に残る一枚となりました。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/03(土) 17:35:27|
  2. 神戸電鉄
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

別れ Abschied


2020.1.2 ドイツ鉄道ミュンヘン中央駅 ミュンヘン発ニュルンベルク行き地域急行列車(7:40撮影)
RE50 Regional-Express von München Hbf nach Nürnberg Hbf. E-LOK: 146 240-7 bei München Hbf am 02.01.2020.

 この旅最後の一枚。
ミュンヘン中央駅で出発を待つニュルンベルク行き客車列車。カマも比較的新しいBR146、ドイツでは単なる日常ですが、こんな風景ともお別れ、客車列車消滅の国へ送還です。これを撮ってホテルに一度戻り、重い荷物を携え地下のSバーンホームへ。
空港行きのローカル列車に乗ろうとするも直前に恐れていた文字Zug fällt aus(運休)の文字が!どうやら途中で輸送障害なるものが発生とのこと。土地勘の全くない大都会で、バスにしても全くどこから出発するかわからずどうしようかと途方に暮れ一度ホームから退散し売店で喉の渇きを潤し再び同じホームへ。対向列車でFreising(フライジング)行きがやってきたのでとりあえずそれに飛び乗ることに。Freisingは半年前の夏に駅撮りをしたことがあり、たしか空港から近かったのでそこまで行けば空港行き列車もあったので最悪タクシーでも捕まえればなんとかなると思い立ちました。数駅進むうちにアプリで調べるとなんとこの列車、空港行きを併結しているではないですか(;^_^A。ミュンヘン中心部からのSバーンには両方方向ともに空港行きの列車があるとは知らず防災機能がうまく取れてさすが国際都市のなせる業で感心しました。途中駅で後方連結の激混みの空港行きに移動し、無事ミュンヘン空港着、昼過ぎ発の関空行きルフトハンザにて強制送還となりました。
帰りの便は通路側の非常口席。なんと今回の旅、往復とも前に座席がなくゆったり足を伸ばせる非常口席となりました。それといつもは一人孤独なフライトなのですが隣席のハンガリー・ブダペストへの一人旅から帰国という同世代の気さくな日本人女性から話しかけられ、楽しく会話が弾んでの帰国便となりました。ただ、目の前のスペースでツアー客のオッサンが長々と添乗員につっかかって何度も同じクレームを長々と説教しているのには幻滅、こんなのが溢れている国に帰るのがつくづく嫌になってしまいました。ミュンヘン駅のコンビニのレジでの支払い時にお釣があまり出ないように小銭を探していたら時間がかかってしまい、店員の黒人の兄ちゃんが腕組して待っていたのはいい思い出です。差別とか平等とかそんなものはどうでもいいけれど、小銭を払ったくらいで神様面する貧相で稚拙な井の中の蛙とそんな輩を丁重に相手にする組織というスパイラルが作り出すギスギスした島に強制送還とは悲しいです。脱獄するたびに、日本は本当に貧乏な国になってしまったのだなとつくづく思います。デモや暴動がない平和な国というけれど、それ以上に自殺率の突出という形で表れている不幸な国。外から見ると中国や北朝鮮と同じようにしか見えないですね。おまけに残念ながら経済的には中国の方が裕福になってしまいました。
それでもあの長期独裁政権が続くのは、暗記に徹し考える癖をつけさせないナチス式教育と電通の手先にすぎなくなったマスゴミの賜物ですね。田舎の方では補助金目当てで支持者が多いようだけれども、なぜ補助金に頼らないと生活できないかを考える人はいません。敢えて所得を増やさないようにして、補助金という餌で助けてやっている感を植え付けさせて票を稼ぐ、まさしく中国やナチスと同じ手法です。マスゴミももはや新華社通信と同じく政権の広報機関に過ぎなくなりました。そんなカラクリもわからず目先のパフォーマンスに踊らされ、政治的な議論をすることに奇異の眼差しを向け、漫然とこんな政権を選んでいる日本人も民度が落ちたものだと痛感します。異を唱えることを良しとせず、2,3日先のことしか考えることができず目先のバラマキに釣られ膨大な借金を次の世代に残す無責任さ。そんなムラ社会の国民性が民主主義とは程遠く中共となんら変わらない体制を持続可能にしているとつくづく思います。
フライトの出発が1時間ほど遅延したため、翌1月3日朝に同じく1時間ほど遅れて関空到着で仮釈放終了、収監です(苦笑)。旅のはじまりから冬特有のインフルエンザを恐れていたものの、欧州ではとてもマスク(当時は予防の効果があると思い込んでいた)ができるような環境になかっただけに着いてすぐにマスク着用、そうした環境にだけはホッとしました。
今回の旅、客車特急列車、夜行客車列車、そして先般12月で姿を消した218型DL重連牽引客レの乗り鉄に加え、連日の雪晴れレーティッシュ鉄道の乗り鉄と撮影と、11カ月前の航空券手配時には想像もできなかった、夏の渡独時以上の快晴に恵まれ、観光ゼロ、鉄分100%で終了してしまいました。一般人ならここまで行って観光ゼロなんてアンビリーバブルと思われますが、鉄にとってはこれがいかに充実した旅であったかが理解できると思います。おまけに往復のフライトもゆったり非常口席、こんなに恵まれた旅はかつて経験したことがありません。Alles Perfekt、全てパーフェクト!あまりに恵まれすぎて二度とこんないい旅はできない、次に行くのが怖くなる、そう思った矢先にこんな世界情勢になってしまいました。12月中旬に娘のイタリアへの修学旅行、それに続く我がスイス行き、結果としてギリギリ最終のタイミングで親子共々、人生の思い出に残る旅ができたのは本当に運が良かったです。

今後の先行きが全く見えない中、物事には必ず終わりが来る、これがラストならそれもいいか、終わりよければ全て良し、そうポジティブに捉えてこの旅で得た糧を頼りに日々の生活を過ごすことにしています。
2016年夏以来、5回にわたり欧州に訪れることができ最後に非常に恵まれた旅ができたことに心より感謝しています。

これをもちまして2020年スイス越年遠征記を終了とさせていただきます。途切れ途切れに長々と続きましたが、お付き合いいただきましてありがとうございました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/03/28(日) 17:00:13|
  2. Graubünden 2019/2020
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0

夜明け


2020.1.2 ドイツ鉄道ミュンヘン中央駅 NJ421 Nightjet(デュッセルドルフ発インスブルック行き夜行列車)(7:20撮影)
NJ421 Nightjet von Düsseldorf Hbf nach Innsbruck Hbf. E-LOK:1016 023-4 bei München Hbf am 02.01.2020.

 夜を徹し走り続けてきた夜行列車。

 終着駅を目前に州都のターミナル駅で束の間の休息をとる。

 長い夜が終わり、空が白みだし夜明けを迎える。


(1月2日、帰国の日を迎えました。ホテルが駅前で日の出が遅かったこともありバルブ撮影へ。しかしながら朝食があまりにも美味しくついつい長居した為に、昨日乗車したのと同じ重連DL客レのバルブに向かうもちょうど隣に別の電車が入線してしまい撮れずじまい。離れたところにちょうどコレが入線して間もなかったのでようやく撮影、日本では消滅した夜行客車列車です。客車が前方ならなおのことよかったのですが、欧州の一般的な夜行スタイルとなる車の積載のカートレインということで(;^_^A。客車は今回の旅の序章でスイス行きに乗車したのと同じNightjetで青い客車、カマはオーストリア連邦鉄道所属の1016型、「鉄道に乗れば、緑がますます増える」と環境のための鉄道利用促進をPRした緑カマです。)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/03/24(水) 07:57:00|
  2. Graubünden 2019/2020
  3. | Trackback 0
  4. | Comment 0
次のページ

プロフィール

Nachtzug

Author:Nachtzug
四季を駆ける鉄道の姿を紹介しています。
Nachtzug(ナハトツーク)
=ドイツ語で「夜行列車」
機材:PENTAX K-5Ⅱ


受賞・掲載歴

鉄道ダイヤ情報フォトコンテスト 銅賞受賞

岩佐美咲「無人駅」大ヒット御礼フォトコンテスト入賞

貨物時刻表フォトギャラリー掲載

貨物時刻表カレンダー掲載

鉄道貨物協会QUOカード写真採用

Herzlich willkommen!
Kommentar auf Deutsch möglich.
Nur "Name" und "Comment" sind nötig für Kommentar.
Dann Drucken "Send".Das ist alles.
"Subject", "E-Mail", "URL", "Password",
und "Secret" sind nicht nötig.
Nicht zeichnen Secret-check Box bitte.
Viele Grusse
Nachtzug

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Deutschland (147)
Bayern 2016 (52)
Bayern 2017 (26)
Hessen 2018 (36)
Bayern 2019 (30)
Andere (3)
Schweiz (30)
Graubünden 2019/2020 (30)
北海道 (122)
Hokkaido 2009 (21)
東北本線 (22)
日本海縦貫線 (318)
中央本線 (4)
東海道・山陽線 (228)
福知山・山陰線 (84)
伯備線 (160)
山陰本線 (6)
木次線 (13)
四国各線 (10)
その他地方交通線 (4)
由利高原鉄道 (2)
ひたちなか海浜鉄道 (13)
真岡鉄道 (2)
三岐鉄道 (19)
京都丹後鉄道 (4)
神戸電鉄 (55)
北条鉄道 (7)
寝台特急北斗星の旅路 (7)
寝台特急日本海号冬の旅路2010 (9)
寝台特急北陸の旅路2009 (2)
寝台特急日本海号の旅路2009 (5)
寝台特急富士・はやぶ さ惜別の旅 (6)
Mein Auto (14)
ひまわり日記 (9)
未分類 (29)

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Visitor

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR